Pocket

確定申告に馴染みのない方も多いかもしれません。

特にサラリーマンの方々は年末調整を会社がやってくれますので、

確定申告をやったことがある方は少ないかもしれませんね。

確定申告をすると給与から天引きされている税金が戻ってくることがあります。

特に病院にかかったり、薬を購入した場合は、「医療費控除」という名目で

お金が戻ってくる可能性が高いことはご存知でしょうか。

確定申告の仕方は国税庁のホームページに出ておりますし、最寄りの税務署の係りの方に聞けば親切に教えてくれます。

一年に一回の機会ですので興味のある方はチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

医療費控除、それは控除の中でも結構身近な控除

お医者さんにかからなければそれに越したことはないのですが、何かと毎年お世話になってます。

歯医者さんだ、眼科だ、内科だと家族全員のかかったお金を合わせると十数万円かかった年もしばしば見受けられました。

あと、薬局の処方箋薬やドラッグストアで購入した市販薬や絆創膏、包帯等々色々合わせるとなかなかの金額になることがあります。

去年までは医療費全部合わせた金額が10万円を超えると、超えた分の1/10が国から還付されました。私の場合、数千円が戻ってくる年が何回かありました。

でも医療費10万円の壁は結構大きくて領収書やレシートを集めては無駄になってしまう事も多かったのです。

もっと身近になる医療費控除。それはセルフメディケーション税制。

今年の確定申告から従来の医療費控除のほかに新たな医療費控除が適用されます。

2017年1月1日以降に薬局やドラッグストアなどで処方箋が要らない薬、控除対象に指定されている市販薬や包帯や湿布や漢方薬などの医療品を購入すると年間合計12000円以上の金額の場合、所得税と住民税が安くなるのです。

従来の医療費控除が10万円以上でないと適用されないのと比べると、ぐっと身近になりました。その家の収入が一番多い人が申告すると節税効果は大きくなります。

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制は何が違うの?

お医者さんにかかったお金は従来の医療費控除でないとは控除対象になりません。セルフメディケーション税制は厚労省が指定したスイッチOTC医薬品という薬を買わないと対象にならないです。

この「スイッチOTC医薬品」は最近はドラッグストアなどで値札やポップに「対象」と表示されていることが多いので分かりやすいと思います。

ごく一般的な風邪薬や胃腸薬などもかなりの種類が現在は対象になっています。

従来の医療費控除は薬局やドラッグストアで購入した医療関係の商品も併せて申告できますが、前述のとおり、10万円以上かからないと1円も戻ってこないので還付のハードルが高いのです。

お医者さんにかかった費用と市販薬購入でかかったお金を両方控除できるとおいしいと思いましたが、今の確定申告ではどちらか片方を選ばなければならないのです。

医療控除は5月ごろに国から確定申告時に記入した銀行口座に現金が直接振り込まれます。

セルフメディケーション税制は所得税と、住民税が安くなりますので、源泉徴収で引かれた税金が戻ってきます。

私はまだこの控除をやったことが無いのですが、源泉徴収からの控除分の戻り金ですから、医療控除と同様に確定申告時に記載した銀行口座に現金が振り込まれるものと考えております。

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制ではどちらがお得?

従来の医療費控除は市販薬の購入も併せて申告できますが、前述しました通り、年間合計10万円以上支払わないと控除できないという壁があります。

そしてセルフメディケーション税制は最大の控除金額は8万8千円分までで、1万2千円以上の購入から適用なので8万8千円を足すと、10万円までが控除の対象になります。

診療費が多く、10万円を超えているときには従来の医療費控除を適用した方がメリットがある可能性があります。

仮に15万円かかった場合には10万円引いた5万円の1/10で5,000円が還付されます。

セルフメディケーション税制の場合は申告される方の所得に左右されます。

例えば、課税所得400万円の方が30000円分、市販薬や諸々の医療用品を購入したとします。

この人の課税所得に該当する所得税率は20%です。また住民税率は10%になります。

30,000円から12,000円を引いて残りの18,000円が控除金額です。

この18,000円にそれぞれの税率をかけて合わせます。

所得税18,000円 X 20%=3,600円 住民税18,000円 X 10%=1,800円

節税金額 3,600+1,800円=5,400円

この方の税金が5,400円安くなります。

所得の高い人は税率も高くなりますので控除金額も大きくなります。

上記の試算で分かるように、お医者さんに行かなくて自分で薬を購入して治す人にとって、控除のハードルが従来の支払金額が10万円以上必要な医療費控除よりかなり低くなっているのが分かりますね。

まとめ

セルフメディケーション税制は日本国の医療費がバンバン膨張しているので、自分で病気の予防に努めて、市販薬で治される方には国から控除を差し上げますという考え方なのでしょう。

まずは医療費控除を通して確定申告になじむと良いと私は思います。なぜならば、確定申告することで自分がどれぐらい税金が取られているのか、また課税の仕組みが分かるようになりますよ。


スポンサードリンク