Pocket

このシーズンになると頭を悩ませてしまいます。職場や学校でバレンタインデーに頂いた義理チョコや同期や同級生の女性からの友チョコなどのお返しです。

特に男性は普段から上司や親せきの人に贈り物をする以外に物をやり取りする機会が女性に比べて少ないと思います。だから尚更頭を悩ませている方も多いかと。


スポンサードリンク



 

 

頂いたものはお返しをしましょう。

やはり義理チョコや友チョコを頂いたという事は送って頂いた相手からすると、自分自身に気を使って頂いたのですから、やはり気持ちを込めて返しましょう。

特に学校や職場関係のように顔を合わす機会が多い場所ではそのような些細なやり取りが潤滑油となって人間関係がスムーズになることが多いです。

ですから、あれこれ考えて悩むことなく贈られたからには返すものと自動的に考えましょう。

 

いつお返ししましょう?

既にお菓子業界が決めてくれてます。ホワイトデーです。3月14日、この日は男性がお返しをする日としてお菓子業界をはじめ、様々な業界でグッズを用意してくれています。

もともとホワイトデーはバレンタインデーに贈り物をした少女が雑誌に「マシュマロぐらいお返ししてもらえたら」という投稿を目にした老舗銘菓の石村萬盛堂の社長が考案したものです。

ですからホワイトデーはバレンタインデーのカウンターデーとして生まれた日本発の文化イベントなのです。

 

いくらぐらいが適当か?

義理チョコや友チョコはいくらぐらいの物を頂きましたか?

コンビニやデパートで参考にしておくとこれぐらいかな、と見当をつける事が出来ます。

どうみても2,3千円以上するものでしたら、それは義理チョコではないかもしれません。

そこそこの数を配られる物なので通常は1000円以内、大半は500円前後です。

その価格帯のホワイトデー用のお菓子やグッズも大量に出回りますので、調達するのに苦労はしないでしょう。

 

お返しの定番は?

お菓子業界が色々考えだしてくれています。鉄板のマシュマロから土地名産のホワイトデー用にアレンジされた銘菓などなど。

最近では色とりどりのマカロンが喜ばれる傾向があるようです。

ホワイトデーのお返しで検索するとかなり上位にマカロンが出てきます。

 

まとめ

悩まずに自動的に気持ちを込めてお返ししましょう。

お返しの日はホワイトデーが鉄則です。その日が土日休日で会えない時はその前日に。

私のは義理ではないんです、友達じゃ嫌です、と差別化したいあなたは今年は3月9日、3月16日あたりの週末に渡して、次の展開に期待するのも一手です。

相手あっての事ですから、自己責任でチャレンジするのも良いかもしれません。

義理チョコや友チョコ返しならば金額的には500円~1000円程度。

あくまでもお返しの気持ちが大切です。


スポンサードリンク