体臭予防に効果的な食べ物は? 肉を食べると体が臭くなるの?

Pocket

体臭は自分では分かりにくい分、余計に気になるものです。特に肉類を好んで食べると体臭がきつくなると感じている人もいるかと思います。

体臭を予防するにはどんな物を食べるように心がければよいのでしょうか。


スポンサードリンク



 

 

肉を食べ過ぎると体臭がきつくなる?

動物性たんぱく質が消化しきれないと体内で腐敗する

肉は動物性タンパク質からできています。動物性たんぱく質は食べると消化しにくく、消化するにもカロリーが必要です。

60gぐらいの普通の大きさのニワトリの卵を食べると卵自体は約90kカロリーほどですが、消化するのに約100kカロリーほどのエネルギーが必要です。

消化しにくいという事は腹持ちが良いという事でもありますが、消化しにくい為に食べ過ぎると消化が追い付かず、体内に残っている未消化の動物性たんぱく質が腐敗を始めます。

人間の体温は35~37度ですので、そのような温度環境に肉を長時間置いておけば傷みだして嫌な匂いがしてくることでも分かると思います。

動物性たんぱく質が体内で腐敗すると体臭の元が生まれる

肉や卵、魚を飽食すると、消化が追いつかず、アミノ酸に分解される前に腐敗ガスと言われるメタンガスを始め硫化水素、アンモニアなど悪臭の元になる毒素が胃腸内の嫌気性細菌によって作り出されます。

それらの毒素が血管に吸収され体から発散されると体臭がきつくなります。また血液に入り込んだ毒素は最終的に肝臓で分解されますので肝臓にも負担をかけるので、食べ過ぎると倦怠感を経験された方もいるでしょう。

豆類や穀類の植物性たんぱく質は食べ過ぎても体臭はきつくならない?

動物性たんぱく質も植物性たんぱく質も基本は同じ

動物性でも植物性でもたんぱく質の主要構成成分のアミノ酸は同じです。しかし、豆腐や納豆を食べ過ぎて体臭がきつくなったという話はあまり聞きません。

豆類以外でも植物性たんぱく質を含んでいる他の野菜や穀類を食べ過ぎても同様に体臭がきつくなって困ったという話も聞きません。

植物性たんぱく質はたんぱく質の純度が高い

豆腐や納豆などの豆類や野菜、穀類は食べても繊維質は別としてたんぱく質は動物性たんぱく質と比べると早く分解されアミノ酸として体に吸収されます。

動物性たんぱく質はたんぱく質に脂質や微量な金属、糖類が複雑に結びついているために消化されアミノ酸に分解されるまでの時間がかかるのです。つまり動物の肉体を構成する為のたんぱく質以外の物質が含まれているのです。

一方、植物性たんぱく質はほぼ純粋なたんぱく質で、人間が体内に取り込む際にアミノ酸に分解されやすく、素早く吸収されます。

アミノ酸に分解されやすいという事は多少食べ過ぎても毒素が生成されにくいので体臭がきつくなること通常はありません。

おわりに

肉類を食べると即体臭がきつくなるわけではありません。消化が追い着く適量を食べれば理屈の上では毒素は生まれにくいはずです。

その日の体調や体質に左右されますが、一般的に体重50kgの方は50gほどの肉であれば毒素が生まれる前に消化できると考えられています。

動物性たんぱく質の良いところは、脂質やミネラルも含まれているので滋養強壮や疲労回復効果は植物性たんぱく質より高い性質を持っている事です。

明治時代以前の日本では肉類をあまり食べない食生活が普通でした。植物性たんぱく質を主に摂取していたのです。

当時は病にかかり、著しく体力が落ちると肉を食べる事で体力を取り戻していました。肉を食べる事を「薬食い」と呼ばれていました。肉は滋養強壮の「薬」だったのです。

体臭を気にされるかたは自分に見合った量の肉類だけを摂取する、豆類や穀類などだけでたんぱく質を摂取する、など方法と期間を決めて比較検証してみると自分に合ったたんぱく質の取り方を見つけられるかもしれません。

肉を食べる事が必ずしも体臭を強くする訳では無いことをお判りいただけたと思います。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました