端午の節句の意味は何でしょう?その由来は?

Pocket

5月5日は「こどもの日」または「端午の節句」として昔から子供の成長を祝う日として親しまれてきました。

柏餅やちまきを食べたり、武者姿の人形を飾ったりと、地方によっては行われる行事は微妙に違うかもしれませんが、大体がこんな感じだと思います。

でも本来はどのような意味があったのか調べてみます。


スポンサードリンク



 

端午の節句の漢字の意味は

たんごのせっく、ほとんど意味不明です。これはまず干支を理解すると分かり始めてきます。

端午の節句はもともと旧暦だった

端午の午は「馬」の意味で「馬」の月は現代の日本の新暦ですと6月になりますが、旧暦だと5月になります。

旧暦の太陰暦は月の満ち欠けで暦が決まるので、旧暦を現代の暦で表すと、太陽暦と太陰暦の差が出て毎年日にちが変わります。

それは面倒だという事で日本では太陽暦の5月5日を端午の節句と決めたと考えられます。中国では今でも本来の旧暦の5月5日が端午の節句となっています。

旧暦ですので中国の5月5日は新暦では毎年違う日になります。中国の旧正月も同じですね。今年の旧正月は何日だと毎年変わります。

「端午の節句」の漢字の意味は?

端午の午は「馬」の月、では端とは何でしょう。端とは月の始めを意味します。端っこという事で何となく意味が通じます。

旧暦では十二支を用いて月を呼ぶだけでなく、曜日も干支で呼びます。子の日とか寅の日とか。

もともと端午とは「馬」の月の最初の「馬」の日という意味があります。「午」に月と日の両方がかかっているのですね。

そして節句は年中行事など節目となる日という意味です。

 

5月5日は語呂合わせ?

「午」は前述のしました「うま」という読み方のほかに「ご」とも読みます。

「午」の月の「午」の日という事で「ご」の月の「ご」の日の語呂合わせで五月五日になったとも言われています。

 

端午の節句の由来は

その始まりは今から2300年ほど前の中国で始まったといわれています。ただし、その当時は子供の成長を願うものではなく、楚という国のある人物の死を悼む日でした。

春秋戦国時代の偉大な詩人、屈原

楚という国に屈原という人望を集めた政治家でありこの時代の代表的な詩人がいました。政治家でもあることから政争に巻き込まれ、負けてしまい、楚の国の将来に絶望して入水自殺をしました。

ちまきは魚の餌だった!?

楚の国の人々は屈原の自殺を聞き、その死を悼み、魚が屈原の遺体を食べないように笹の葉にコメの飯を包んで川に投げ入れました。これがちまきの由来といわれてます。

ただ元来この地方では屈原に関係なくちまきを食べていた、という古代の記録も残っており、時代を経てどこかで屈原の死のエピソードと混ざったものと考えられます。

今の端午の節句になったのは

日本では奈良時代にはすでに端午の節句を行っていたと、宮中行事の記録にでてきます。端午の節句には菖蒲を髪飾りにして人々が宮中に集まったとあります。

「菖蒲」が「尚武」の武家社会

鎌倉時代になると現代の端午の節句の風習にだんだん近づいてきます。「菖蒲」と「尚武」の読み方が同じ事や勝負の葉の形が剣に似ていることから、端午の節句が「男の子の日」とされ、男の子の成長を祝い健康を祈るようになりました。

武者人形や兜、鎧を飾るようになったのは

武者人形や金太郎などの人形は力強よく尚武に長けるように、また鎧や兜は男の子の体を守る意味合いが込められています。いかにも武家社会の時代に生まれた風習らしいですね。

おわりに

読んでいただいた通り、端午の節句は大昔に亡くなった人を人々が悼むことから始まっていたんですね。今回調べて分からなかったのが、なぜ人の死を悼むことから中世日本の宮廷の行事として変化していったのか、という点です。

2300年以上前の事柄ですので、様々なエピソードがまとわりついて変化していったのかもしれません。

しかし面白いことに端午の節句を祝う、元祖中国のほかに台湾、ベトナム、朝鮮半島など日本以外の地域でも、現在ではその意味は子供の成長を祝う日となっています。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました