Pocket

ほぼ一年中様々な花粉が飛び散り、それに苦しめられている人たちが年々増えてきています。

花粉自体には本来、人間の体に害が無いものですが、いったいどうしてこんなに人間を悩ますことになったのでしょう。


スポンサードリンク



 

 

原因は自分の体の免疫反応

花粉症はアレルギーの一種です。食べ物のアレルギーと同じ仕組みで発症します。小麦でアレルギーになる人、卵でアレルギーになる人など、食物も花粉同様様々な種類でアレルギーが引き起こされます。

免疫反応とは

免疫反応は体の外から異物が入ってくると取り除くために機能する身体の大切な機能です。

体に必要ない物質や害を及ぼす細菌やウイルスから身体を守るために数種類の白血球が活躍します。

また、免疫反応は細菌やウイルスのたんぱく質に反応して抗体という「武器」を作り出します。

一度風邪をひくと、同じ風邪にはかかりにくくなるのは、前回に罹ったときにこの風邪のウイルスの抗体が作り出され、ウイルスが再び体内に侵入するとこの抗体がウイルスに反応して排除するためです。

抗体が悪さをする?!

いくつかある抗体のうち「IgE」というタイプの抗体が花粉症を引き起こすことが現在分かっています。この抗体が肥満細胞という白血球の一種と結合します。

そこに花粉に含まれるたんぱく質がくっつくとヒスタミンなどの化学物質を放出して身体にかゆみや、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹や気管支喘息を起こします。

鼻炎や鼻づまりの薬でよく「ヒスタミンブロック」といった宣伝文句を使われるのはこういう意味だったんですね。

 

誰でも花粉症になる可能性があります。

「IgE」という抗体はすべての人の体にあります。ということは全ての人に花粉症になる可能性があります。

抗体は作り続けられる

「IgE」は命ある限り体内で作り続けられます。そして花粉や他のアレルギーの原因になる物質と絶えず反応しています。

この反応は全ての人の体内で起きていますので、今この記事を見ている方たちも花粉症になりうるのです。

花粉症になる人、ならない人

人間の体の中で等しく起きている反応なのに、どうして花粉症になる人とならない人がいるのでしょう。

これは個人差に大きく左右されます。「IgE」という抗体がどれぐらい体内に溜まると花粉症が引き起こされるのか、という事は現在も研究されています。

しかし生活環境や遺伝的要素など複数の要因が絡むために、これだといった目安を決めることが難しいのです。

「アレルギーコップ」

アレルギーコップという考え方があります。体の中で抗体が溜まってきてあふれ出した時がアレルギーが引き起こされるという比喩的な考え方です。

花粉に限らずアレルギーの原因になる物質と抗体は遭遇するとどんどんと肥満細胞という白血球の一種と結合します。

この抗体はアレルギーを引き起こす化学物質を放出することは前述しましたが、どれぐらいのレベルまで抗体と肥満細胞が結合すると花粉症を発症するのかはまだ正確には分かっていません。

カギは乳幼児期にある?!

現代は環境があまりにもきれいになってしまったので、花粉症を始めとしたアレルギー疾患が増えてきたという説があります。

ドイツを中心とした医科学チーム2004年に乳幼児期の生活環境が清潔すぎると将来アレルギー疾患になる確率が高いと報告をしています。

まとめ

花粉症は食物アレルギーと同じアレルギー疾患で、免疫反応が異物と判断するとその抗体を作り出し、徐々に体内に溜まります。

そしてある時に突然発症することが分かりました。

抗体はPM2.5やタバコの煙のような微細な粒子に対しても作られるので大気の環境が悪いところでは花粉症になる人が多いというデータもあります。

そして一度発症すると免疫が花粉のたんぱく質を記憶してしまいますので、根治が難しい難病の一つです。


スポンサードリンク