Pocket

体臭のタイプはいくつかありますが、この場では代表的な5つのにおいの原因とその対策を説明します。

男性と女性では体臭の原因が数種類違うものがありますが、共通した5つのニオイの原因と対策を見てみましょう。


スポンサードリンク



 

体臭とは何なの?

皮膚から放散される「皮膚ガス」のニオイが主な部分を占めています。

この皮膚ガスは血管を通じて体中の各部分から巡ってきた様々な成分のガスが皮膚から出てきますので、体の中のあちこちのニオイの元が体臭の原因となっています。

また体臭の一部は異性を引き付けるための「フェロモン」でもあります。

ですから体臭は誰でも持っているものですが、その強弱によって人を悩ませるものと、全く意識されないものとに分かれてきます。

体臭の種類

様々な原因によって体臭は構成されます。食生活の乱れや、偏り、飲酒や喫煙、加齢によって出てくる体臭など。

ここでは代表的な5つの体臭にスポットを当ててみます。

汗のニオイ

汗のにおいには大まかに分けて2種類あります。体温が上昇すると体を冷やすために発汗する汗腺から出てくるものと、「脂汗」と呼ばれるアポクリン汗腺から出てくる汗の二種類です。

汗腺の汗のニオイは衣服に汗が吸収されると雑菌によって汗の成分が分解される事によって匂い出します。

汗をかいたら着替える事でニオイは無くなります。

また衣類を煮沸殺菌する事で雑菌を退治する事でもニオイを抑えることが出来ます。

アポクリン汗腺の汗が細菌によって分解されたときのニオイは一般的に「ワキガ」と呼ばれます。

脂汗も分泌されたときにはニオイを発しません。

粘りがある脂汗は脇の下や陰部などにあるアポクリン汗腺より分泌され、毛に絡み流れ落ちにくく、ワキガ菌に脂汗の皮脂成分が分解されるとニオイが発生します。

ニオイを抑えるためには脂汗の皮脂量を下げるために、肉類の接取を減らすと多少緩和されますが、完全に取り除くことは難しいです。

現在では外科的にワキガ菌が存在する部分を切除するなどして、ニオイを発生させない方法がとられることもあります。

このアクポリン汗腺の脂汗ののニオイは「フェロモン」の一種と言われており、欧米では個性的な香りとして受け入れられています。

しかし日本を含むモンゴロイド系の人種はこの種のニオイを持つ人が少なく、その為、周囲と比較して気にする方が多いのが現実です。

加齢臭

女性は閉経後に、男性は40歳代ぐらいから発生することがあります。

ニオイのもとは主にノネナールという化学物質ですが、このノネナールの原料の一部はお酒を飲むと体の中で作られるアルデヒドという化学物質や油を摂取して分解されて出来る脂肪酸等です。

加齢臭を抑えるには身体を清潔に保つことである程度は和らげることができます。

飲酒

お酒を飲むと肝臓でアルコールの成分が分解されます。

その時にアセトアルデヒドという化学物質が出来ます。

飲んだ翌日の口臭の主な原因です。

アセトアルデヒドは最終的に酢酸に分解されます。アセトアルデヒドと酢酸は血液に溶け込み体表からも放散されます。

お酒は自分の肝臓が素早く分解できる量を把握しましょう。

悪酔いや二日酔いする場合はその日の体調にもよるでしょうが、あなたの肝臓の処理能力を超えていることが考えられます。

ダイエット臭

最近取り上げられることが増えてきた体臭です。

糖質ダイエットなど急激に糖質をカットすると、体はエネルギーを補うために脂肪を分解してケトン体という物質が作られます。

体がケトン体をエネルギーとして消費するまでに時間がかかるので体内にケトン体が溜まります。

ケトン体は悪臭のもとのアセトンの一種で呼気から放散されたり尿にケトンが含まれるようになり体臭が強くなります。

急激な糖類カットを控えて、時間をかけて糖類を減らすことでダイエットを続けながら体臭を抑えることが出来ます。

食生活の偏り

肉類を多く食べると体臭は強くなる事があります。

動物性たんぱく質は消化されにくいので、消化が追い付かない場合、体内で未消化のたんぱく質がアミノ酸に分解される前にアンモニアや硫化水素などの悪臭の元を発生する事があります。

これらの物質が腸内壁に取り込まれて血液に含まれると体表から放散されます。

また肉を多く食べると食物繊維が少ないので便が固くなります。

便が固くなり便秘になると体内に長時間便が留まることで便から発生するアンモニアや硫化水素を始めとした悪臭のもとが体内に入り込み、体臭が強くなります。

肉を食べるときは、目安として体重1kg当たり1g程度が消化に適量と考えられています。体重50kgの人ならば50gの肉。

野菜を多くとることは食物繊維をたくさん取り込むことになり、便が柔らかくなります。

便が体外に排出されやすくなりますので、体臭も抑えることが出来ます。

おわりに

日本人は世界的に見ても体臭が少ない人種と言われています。

その分、体臭が強い人は目立ってしまうので肩身が狭い思いをされている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、原因と仕組みが分かれば体臭は抑える事が可能です。

上記に挙げた対策がすべての人に当てはまるものだとは考えていませんが、心当たりがある項目は対策を実施して、その効果を検証してみる価値はあるかと思います。


スポンサードリンク