体臭は便秘をしていると強くなるの?体臭予防は便秘解消から

Pocket

体臭便秘は強く関係しています。便には強いニオイを発生する物質が多く含まれています。

体臭を予防し、改善するには便秘を解消することが非常に有効です。

便秘がどのような仕組みで体臭を強くするのか見てみましょう。


スポンサードリンク



 

 

 

便には悪臭の元が詰まっている

便は60%の水分と35%の腸内細胞と腸内細菌類の死骸と約5%の食物繊維など消化しきれなかったものや体内から排出された毒素などで構成されています。

この毒素には種類があり、みな悪臭を放ちます。

便が長く体内にとどまると体臭が強くなる

便が長く体内にとどまった状態を「宿便」と呼びますが、この状態になると排出されるはずの毒素が腸内壁から血液に取り込まれ、体中をめぐります。

皮膚からこの毒素がガスとして放出されると悪臭を伴う体臭となります。

また肺にまわり、二酸化炭素と酸素を交換する際にこの毒素が一緒に放出されると口臭となります。

便のニオイの元は?

体内で食物が消化される際に、硫化水素やアンモニアなどが出てきます。

また便臭の大部分を占めるインドール、スカトールといった体に有害な成分も出てきます。

アンモニアは膀胱を通して尿として排出されますが、それ以外の毒素は揮発性が強く、ガスとして、または血液に溶け込み、体内に残ります。

温泉などで卵の腐ったようなニオイを経験された方もいるかと思いますが、あのニオイの元が硫化水素です。

便のニオイは腸内の状態に左右される

善玉菌と悪玉菌など、健康食品などでよく取り上げられる言葉ですが、これらの菌が腸内で勢力争いを繰り広げています。

どちらの菌が優勢かによって便のニオイが変化します。

善玉菌が優勢な場合

善玉菌にはビフィブス菌や乳酸菌などがいますが、それらが腸内で優勢ですと便臭は強くならず、発酵臭に近いニオイになります。

悪玉菌が優勢な場合

悪玉菌にはウェルシュ菌や大腸菌などがいます。大腸菌は増えすぎなければ人体に悪影響を及ぼしませんが、ウェルシュ菌は硫化水素、メルカプタン、スカトールといった人体に有毒な成分を生み出します。

便秘の解消が体臭を抑える

便秘の状態が長く続くと便から発生する毒素によって体臭が強くなることが分かりました。

ではどのようにすれば便秘を解消して体臭を抑えら得るのでしょうか。

野菜を多くとる

便秘になる原因の一つは便に水分が少ないことがあげられます。野菜に含まれる食物繊維を多くとることで便の量を増やし、水分を増やしましょう。

ただし一度に多くの食物繊維を摂取すると下痢を引き起こします。

肉を食べるなら体に見合った量を

肉類は消化しにくい食べ物です。多く食べると消化が間に合わず、未消化の動物性たんぱく質が体内で腐敗します。

腐敗は悪玉菌によって引き起こされ、毒素を生み出します。

また肉類の繊維は野菜の食物繊維と違い、消化されてしまい、密度の高い、水分の少ない硬い便になりますので便秘になりがちです。

肉類を食べる際には自分の体に見合った量にしましょう。

目安としては体重50kgの人であれば1食分の肉類は50g程度にとどめておきましょう。

水分を多くとる

朝起きてコップ一杯が快便の秘訣、などと言われますが、水分を取ることは便秘予防に有効な手段です。

野菜ジュースやスープなども水分補給には向いていますが、アルコールやカフェインは脱水症状を起こしますので逆効果です。

適度な運動

便秘は腸の動きが活発になれば解消されやすくなります。

毎日2,30分のウォーキングでも十分に効果があります。

ウォーキングの時間さえ取りにくい人は手の平でお腹の腸のあたりをさするだけでも便秘解消に効果があります。

排便の習慣化

便意を催したらすぐにトイレに行くことが望ましいですが、そこで我慢してしまうと大腸によって便の水分が吸収され続けますので、硬くなり便秘になります。

排便が可能な時間に便意が無くても決まった時間にトイレに行き、体に条件反射を覚えさせることも効き目があります。

ただし朝食前は体温が上がっておらず体がまだ活発になっていないので、お勧めではありません。

ダイエットの方法を見直す

脂肪断ちや糖質断ちのダイエット方法は場合によっては便秘の原因になっていることがあります。

特に脂肪を含んだ肉類を全くとらず、野菜と炭水化物だけといった食事をとり続けていると、逆に便秘になる事があります。

脂肪分を多少摂取すると腸管の動きが滑らかになって排便が促されます。

肉類や脂肪類を控えているのに便秘になっている方は少し脂身を試してみると良い結果が得られる可能性があります。

ストレスを減らす

ストレスも消化器系に不調を引き起こす大きな原因になります。人によっては下痢や腹痛や、便秘など様々な症状が出ます。

解決方法は一概に言えませんが自分に合ったストレス解消法を見つけてため込まないようにすることが便秘解消にもつながります。

おわりに

厚生労働省の「国民基礎生活調査」によると日本人の1/3の男性が、2/3の女性が便秘に悩んでいるとの結果が出ています。

特に女性は20代で増える傾向があります。

女性の方は特に体臭を気にされる方が多いと思いますが、その女性の方が便秘になりやすいという結果が出ております。

便秘は意識して対策を取れば解決できます。

便秘の解消が体臭を抑えることにつながりますので、前述させていただいた解決法を一度試される価値はあるかと思います。


スポンサードリンク



 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました