端午の節句の飾り物の由来は?初節句で役立つ知識

Pocket

端午の節句飾り物として兜や武者人形などが飾られることがあります。

また軒には鯉のぼりを飾ることも有名です。これらの飾り物はいつごろから始まった風習なのでしょうか。

初節句で飾り物を贈るときに由来を知っておくと話も弾むことでしょう。


スポンサードリンク



 

端午の節句は武家の行事だった

もともとは古代中国の行事であった端午の節句が日本に伝わったのは奈良時代以前と言われています。

既に奈良時代の書物に貴族社会の間で端午の節句の原型が行われていた記録が残っています。

鎌倉時代に入ると武家社会らしく、男の子の武運長久・立身出世を願う行事に変ってゆきました。

現代の端午の節句で飾られる装飾品はこの時代から始まっているとみて間違いなさそうです。

兜・鎧を飾るのは

戦国時代では武将にとっては兜・鎧は自分の身を守る重要な装備でした。

江戸時代に入ると武士の家では5月5日のこの日に蔵から兜と鎧を出して、虫干しを兼ねて奥の間に、玄関には幟(のぼり)を飾り、家長が子供たちを集めて家訓を講じていました。

身分制度が絶対だった当時、経済力豊かな商人の家では本物の兜や鎧を飾るわけにもいかず、豪華な兜や鎧のレプリカを作り、玄関には五色の吹き流しを飾りました。

この風習が現代に色濃く残っています。兜や鎧は病気や交通事故等の災厄から子供を守ってくれるようにという願いが込められて飾られるようになりました。

鯉のぼりはどうして飾るの?

鯉のぼりはもともと、玄関に飾られたのぼりが始まりです。

江戸時代から始まったと考えられています。当時は豊かな商人が武士に対抗して玄関先に五色の吹き流しを飾っていました。

江戸時代中期にはただののぼりでは芸が無いと誰かが考案したのか、中国の故事である「竜門」にちなんで吹き流しに鯉の絵を描くようになりました。

「竜門」とは1600年ほど前に書かれた「後漢書」という中国の古代史に出てくる故事です。

中国の大河「黄河」にある「竜門」という急流の滝を数多くの魚が登ろうとしますが、鯉を除いた全ての魚は滝を登れませんでした。

滝を登り切った鯉は竜となって昇天していったという「登竜門」の故事です。

ここから立身出世の縁起物として鯉が重用されるようになります。

兜や鎧、鯉のぼりはいつ頃から飾るの?

鯉のぼりはもともと江戸時代中期の関東から始まったと言われています。

明治のころには全国で飾られるようになりましたが、関東と関西では飾られる時期が少々違うようです。

関東では飾り始めは春分の日辺りを目安として5月5日まで飾ることが多いです。

関西では4月の上旬から6月の上旬ごろまで飾ることが多く、これは関東は新暦で祝い、関西は旧暦で祝う事が多い為です。

その為、両地域の間では約一か月のずれが出てくるのですね。

おわりに

5月5日は男の子の日と言われています。武家社会の名残が強く残る風習でもあります。

当初、鯉のぼりもそんな風習を反映してか、黒や青の男性を象徴する色の鯉のぼりしかなかったといいます。

近年では家族を構成を表すかのように赤い緋鯉や小さい鯉が女の子を含めた子供の人数分、一緒にはためくようになってきました。

時代のニーズに合わせて鯉のぼりも武家社会から現代の家族のスタイルに変化してきました。

昔のように一族を上げて初節句を祝うといったことは減ってきたかもしれませんが、端午の節句の由来を知っておくと、飾り物一つにもいろいろな意味と願いが込められていることが分かります。

もし飾り物を贈るときに、こんなエピソードや願いが込められてるんだよ、と話されると会話も弾んで楽しいお祝いになるかもしれませんね。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました