体臭は納豆を食べると改善される?!

Pocket

納豆を食べると体臭が消える、いや納豆臭くなるなど、正反対な評価が付きまとう納豆という食べ物。

日本に古くからある食品ですが、食べると体臭が改善されるのか、はたまた納豆臭くなるのか、真偽のほどを調べてみましょう。


スポンサードリンク



 

納豆を食べると本当に体臭が改善されるの?

納豆が消臭剤のような役割をするわけではないようです。納豆を食べる事によって体調が整えられて、その結果、体臭が軽減されると考えられています。

納豆のたんぱく質は非常に良質

体臭の原因の一つに、動物性たんぱく質が消化しにくいことが挙げられます。

未消化の動物性たんぱく質が消化待ちの間に悪玉菌によって分解され腐敗します。腐敗するときに体に有害な、非常に悪臭のする物質を生み出します。

これらの有害な物質が腸内壁を通って血管に入り、全身をめぐるのです。そして皮膚から発散されるとニオイの強い体臭となります。

納豆の植物性たんぱく質は動物性たんぱく質に比べて消化されやすいので、分解されるときに悪臭の元になる有害物質が出にくいのです。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を比べると、体が必要とするアミノ酸の構成は変わりません。

消化に優れている分、納豆の植物性たんぱく質は良質なたんぱく質なのです。

納豆の中の大豆イソフラボンに体臭を抑える効果あり

大豆イソフラボンはポリフェノールの一種です。しかしイソフラボン自体には消臭効果はありません。

体内に入るとイソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

エストロゲンは皮脂汗腺や汗の分泌を抑える働きをします。

皮脂や汗自体に本来ニオイはありませんが、体の皮膚や衣服に付着している雑菌がこれらの分泌物を分解する時に悪臭が出やすいのです。

ですから日ごろから肌が脂ぎって、体臭も気になると感じている方は、食生活に納豆を少し多く取り入れてみると改善が期待できそうです。

納豆を食べると体が納豆臭くなる?!

納豆を食べるから体臭が納豆臭いのではありません。

納豆臭くなる原因には大まかに分けて二つ考えられます。

納豆菌は非常に強い

納豆菌は枯草菌という非常に強い菌の仲間です。たいていの細菌は100度近くの温度では死滅します。

ですから注射器など消毒するときに沸騰したお湯につけて煮沸消毒をします。

納豆菌はなんと煮沸消毒では死滅しないのです。180度で30分以上過熱しないと死滅しないのです。

またアルコールなどの消毒薬にも強く、完全に死滅しないのです。

伝統的な納豆を作る製法は煮沸した稲ワラの中にゆでた大豆を仕込むというものですが、納豆菌が熱に強い性質を利用して煮沸によって他の雑菌を死滅させる製法です。

簡単には死なない納豆菌ですので、納豆の入っていた容器を始末する際や、納豆を食べるときに体に付着すると、そのニオイは簡単に落ちません。

このことが納豆を食べ過ぎると体が臭くなるといわれる原因の一つと考えられます。

別の雑菌から発生する「納豆臭さ」

足が蒸れると納豆のようなニオイがすることがあります。足の裏には汗腺が多くあり、皮脂成分の分泌も盛んです。

蒸れた状態でブーツや靴を使用してゆくうちに、枯草菌の仲間の雑菌が繁殖することがあります。このニオイの元を作り出す雑菌も納豆菌の一種です。

この雑菌が足の裏から分泌された汗を分解するとイソ吉草酸という強いニオイの物質を生み出します。

このイソ吉草酸は、納豆臭またはチーズ臭のような強いニオイがします。

納豆臭がするので、納豆を食べたことによって体臭が納豆臭くなったと考えられているのかもしれません。

納豆の性質からするとむしろ納豆を食べ続けた方が、足の裏から分泌される汗も抑えられてくるので、ブーツや靴の中をよく乾燥させ、除菌しておけばニオイは減ってゆきます。

また十円玉等の銅貨をブーツや靴の中に入れておくと銅の殺菌効果によってニオイが抑えられます。

おわりに

納豆を食べると、体内の環境が変化することによって体臭が抑えられることが分かりました。

納豆は肉類に比べても引けを取らないほど高タンパク質でもあります。牛肉、豚肉、鶏肉の100g当たりのたんぱく質は25~27gです。

一方、納豆は100g当たりのたんぱく質は16~18gです。価格の安さを考えるとたんぱく質を取るには非常にコストパフォーマンスに優れた食品と言えます。

ここでは納豆に焦点をあてましたが、イソフラボンに関して言えばお味噌や豆腐も納豆と同じぐらい含まれています。

値段が安くて体にもよくて、しかも体臭が改善される。

納豆はこんなに素晴らしい食品だったんですね。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました