大豆はアンチエイジングの強力な味方!

Pocket

普段の食生活が老化を速めてる、なんて言われたらショックですよね。

でも結構当たってることが多かったりするのです。

そこでサプリメントや健康食品を使ってアンチエイジングや健康維持に務めるのも良いでしょう。

でもお手軽に、しかも懐が痛まない方法があったら試してみたいと思いませんか?

大豆がそんなリーズナブルな方法を実現してくれそうです。


スポンサードリンク



 

大豆は肉に代わる優良なたんぱく源

日本では西暦600年代に仏教が伝来して以来、肉食は宗教的に禁忌とされてきました。魚肉は食べられていましたが哺乳類を食べる事はまれでした。

明治維新以降、肉を食べる事が普及し、戦後は日常的に肉を食べる食習慣が定着しました。

しかし、そのころから日本人に比較的少なかった心筋梗塞や大腸がんが増えてきました。

これは動物性たんぱく質や脂を急激に摂取してきたことが原因と考えられます。

大豆のたんぱく質は牛肉や豚肉、鶏肉と比べても豊富

大豆に含まれるたんぱく質は家畜のたんぱく質と比べても見劣りしない量が含まれています。

牛肉や豚肉、鶏肉は100g当たりたんぱく質の量が約25~27gあります。

一方、大豆は100g当たり15~21gのたんぱく質が含まれています。

3パック100円ぐらいで売られている納豆は3パックで牛肉100gと同じたんぱく質が含まれているわけです。

大豆はクリーンなたんぱく質

肉類に含まれる動物性たんぱく質は動物の体の組織を構成するために、たんぱく質のほかに脂や微量な金属が含まれています。

これらが分解されるときに体にとって毒になるアンモニアや硫化水素が生み出されます。

また細胞を傷つけ、老化を早める活性酸素も生み出されます。

大豆に含まれる植物性たんぱく質は脂や体にとって不純物になる金属を含まないために、アンモニアや硫化水素といった有害物質を出さずに、アミノ酸に速やかに分解されます。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質のアミノ酸の構成は一緒です。

ですから肉を食べないと体に悪いといった理由は正しくはないのです。

大豆を食べても肉と同量のたんぱく質を得る事が可能だからです。

大豆イソフラボンとレシチンいうアンチエイジングの味方

大豆イソフラボン

大豆には肉類にないイソフラボンという物質が含まれています。

これはポリフェノールの一種で体内に入ると女性ホルモンのような働きをします。脂汗を抑える効果もあるので体臭予防にもなります。

乳がんや更年期障害の予防効果も報告されています。

レシチン

大豆にはレシチンという脂質の1種も含まれています。

レシチンが不足すると疲労や免疫力低下、不眠症、動脈硬化、糖尿病などの原因になります。

レシチンは細胞の中に酸素を取り入れたり、老廃物や毒素を細胞の外に運び出す浸透機能を持っていますので、メラニン色素や老廃物の排出によって肌の老化を防止します。

アンチエイジングには大豆を食べて肉食を控える

様々な意見が出てきそうな見出しですが、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質では同じ量のたんぱく質を取得する場合、肉食の方が体に負担を与えます。

何故なら動物性たんぱく質は前述したとおり、分解されるときに毒素を出すためです。

また消化されにくいので未消化の状態で腐敗が進むことによっても毒素は生み出されます。毒素を分解するのは肝臓です。肝臓が疲労すると全身に悪影響が出てきます。

肝臓で分解しきれない毒素は血液に乗って体を巡ります。

いずれは肝臓に戻り、分解されますが、巡っている間に体の細胞に傷をつける事で老化が進み、悪くすると癌を始めとした重大な疾患を誘発します。

お肉を食べないと体が維持できない、という事はあり得ないのです。昔の絵にも出てきますが、お寺の僧兵という寺院に所属する僧がいました。

彼らは絵巻物の中で筋骨隆々に描かれています。肉食禁止の時代、特に一番戒律を守っていた僧が肉体を維持していたのは大豆を食していたからです。

彼らは豆腐や納豆、味噌などを多くとることで肉食並みの体格を維持する事ができる証拠でもあります。

おわりに

大豆は納豆、豆腐、お味噌など安価な食材として売られていることが多いです。

しかもお肉並みにたんぱく質が含まれています。

そしてお肉と決定的に違うのはお肉は食べ過ぎると体に大きな負担を与えて、老化が進みます。大豆は食べる事で老化を防止できるのです。

大豆ずくめは飽きが来て続かなくなります。

いきなり無理せずに毎食一品目か二品目、例えば納豆とお味噌汁など取り入れてみるのも、アンチエイジングには効果がありますので試してみる価値はあります。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました