Pocket

体臭は自分自身では分かりにくいのでやっかいです。

肉親か、よほど親しい人でもない限り、周りの人は「匂うよ」とは教えてくれません

「臭い人」と思われる前に体臭の原因を突き止めて体質改善してニオイを抑えましょう。


スポンサードリンク



 

体臭が臭いと相手に無意識に嫌悪感を与える

人間の五感覚、視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚の中で嗅覚だけは特別です。

なぜ特別かというと、嗅覚だけは人間の脳の奥深くにある動物の本能をつかさどる場所に直結しているからです。

「臭い」という感覚は動物が食物をとるときに体に害があるかどうかを知るための感覚だからです。

「臭い」ニオイの元はたいてい動物にとって有毒なものが多いのです。

食べると危ないよ、と本能が教えるために、動物は有毒なものを食べることなく生きてゆくことが出来るのです。

人間も動物の仲間です。ですから「臭い」ニオイを発するものには本能的に嫌悪感を感じるようにできているのです。

体臭の原因

大きく分けると体臭のニオイの元は2種類あります。

体の外側で作られるニオイと体の内側で作られるニオイです。

そしてニオイが生まれる仕組みも大きく分けて2種類あります。

雑菌によって作られるニオイと皮脂の酸化のニオイです。

体の外側で作られるニオイ

体の外側、皮膚の表面から発生するニオイは汗が雑菌によって分解されて発生する悪臭が大部分を占めます。

一部、体の内側からのニオイも皮膚を通してニオイのガスとして発生します。

汗が衣類に付着して雑菌が繁殖して匂うケースとアポクリン汗腺という汗を作る組織から出てくる「脂汗」をワキガ菌が分解して発生して匂うケースが「汗」による代表的なニオイです。

いずれも細菌の栄養は汗に含まれる皮脂成分です。

皮脂成分を抑えることが出来れば体臭も減ります。

また皮脂成分が空気に触れたり、太陽の紫外線を浴びる事でも酸化を起こしニオイの原因になります。

体の内側で作られるニオイ

大きく分けて消化器系から発生するニオイと肝臓から発生するニオイがあります。

消化器系の大部分は腸です。普段から脂っこいものや肉を多く食べ、野菜を取らないと体臭は臭くなります。

肉を食べ過ぎると消化が追い付かず、消化待ちの肉が雑菌によって分解されてアンモニアや硫化水素といった悪臭の元を生み出します。

肉類に含まれる食物性繊維は消化されてしまうので、野菜に含まれている食物繊維のように便に程よい水分と硬さを与えることが出来ません。

その為、便秘になりがちです。便秘になりますと、体内に残っている宿便からスカトール、硫化水素、アンモニアなどの悪臭の元が大腸の壁から血液に入り込み、全身をめぐり、皮膚からガスとして放出されます。

スカトール、硫化水素、アンモニアなどの溶け込んでいる血液が肺に回ると呼吸として吐き出され、口臭となります。

臭わない体質へ改善チェック

普段の生活で次のような項目に該当しませんか?

  • タバコを吸う
  • お酒をかなり酔うまで飲む
  • スナック菓子やお肉、揚げ物が大好き
  • 野菜はあまり食べない
  • 睡眠不足や運動不足ぎみ
  • ストレスがたまっている

タバコを吸う

すぐにやめましょう。タバコの煙にはアセトアルデヒドと呼ばれる人体に有毒な物質が含まれています。このニオイに人間は本能的に反応します。

ニオイのほかに肌の老化の大敵である活性酸素がたくさん含まれています。活性酸素によって若さを保つビタミンCも破壊される事が分かっています。

お酒をかなり酔うまで飲む

ほどほどのお酒ならば体に良い、酒は百薬の長などと言われてますが、薬も量が過ぎれば毒にもなります。

肝臓がアルコールを分解するとアセトアルデヒドを発生します。

お酒を多く飲むと肝臓がアルコールを分解しきれず、アセトアルデヒドが血液に乗って体内を巡ります。

皮膚から放出すると二日酔いの悪臭になり、肺から呼気に交じって出ると口臭となります。

何よりも肝臓に負担をかけすぎると、体の毒素を分解する機能が落ちて、肌荒れや全身の倦怠感に悩まされることになります。

スナック菓子やお肉、揚げ物が大好き

脂っこいものを食べ続けると、体から皮脂が多く分泌されて雑菌の餌となります。雑菌が皮脂を分解すると悪臭が生まれます。

また皮脂が空気や紫外線によって酸化することでも悪臭が発生します。

皮脂は体にとっては無くてはならないものですが、多すぎると体臭の大きな原因になります。

野菜をあまり食べない

野菜の食物繊維は便秘を予防します。便秘は体臭予防の大敵です。

また植物性たんぱく質はお肉の動物性たんぱく質よりも体臭の元が少ないので、体臭予防に積極的に野菜を食べましょう。

睡眠不足や運動不足

睡眠不足や運動不足は体の基礎代謝を下げます。悪臭の元になる毒素の排出を円滑にするために適度な運動と睡眠時間を確保しましょう。

特に睡眠時間は夜10時から2時ぐらいが大切です。この時間帯に成長ホルモンが多く分泌されるので、若返りのゴールデンタイムです。

ストレスがたまっている

ストレスは自律神経に悪影響を及ぼし、多汗になったり、皮脂の分泌が多くなったりすることがあります。いずれも悪臭の元になりやすいものです。

自分に合ったストレス解消法を見つけてストレスをためないようにしましょう。

おわりに

6項目を挙げましたが、これらのうち、一つでも良いので意識してみてください。

とくに脂は多くとりすぎると汗や、脂汗、便秘といった複数の悪臭の原因になりがちです。

脂を意識して減らすだけでも体臭予防に大きな効果が期待できます。

体臭は周りの人も本人に教えてあげにくいものです。

でも自分が少し意識して生活を改めるだけでもかなり予防できます。


スポンサードリンク