Pocket

お酢は古くからある調味料の一つです。

お酢の歴史は古く、今から7000年前の古代バビロニアの文献に既に登場しています。

古代ローマ時代には水にお酢を入れた清涼飲料水が普及していたそうです。

私たちの生活に慣れ親しんだお酢は、実はアンチエイジングにも大きな効果があることが分かってきました。


スポンサードリンク



 

お酢はアンチエイジングに大活躍

お酢の効果はたくさんあります。そのほとんどがアンチエイジングの為といっても言い過ぎでないほどの効能です。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 疲労回復
  • 内臓脂肪を減らす
  • 血管を若返らせる
  • 消化不良を防ぐ
  • ビタミンC、カルシウムの吸収をよくする

血糖値の上昇を抑える

食事の後に血液の中の血糖値が急激に上がると体はインシュリンを多く分泌して脂肪を貯えようとします。

食事の時には30回以上噛みましょう、30分以上かけて食事をしましょう、といった方法は血糖値を急激に上昇させないための健康法です。

お酢を取ることによって同じ効果が得られ、体に脂肪がつきにくくなります。

疲労回復

疲れると基礎代謝が落ち、脂肪が燃えにくくなります。

過度の疲労は老化を早めます。

お酢は筋肉のエネルギーになるグリコーゲンの回復を助けるために、疲労回復効果があります。

内臓脂肪を減らす

肥満で怖いのはお相撲さんのような筋肉の外に脂肪がついている体型ではなくて、お腹がポッコリしているリンゴ型の体型が危ないと言われてます。

リンゴ体型の肥満は皮膚の下よりも内臓に脂肪がついているために怖いのです。

特に肝臓の中に脂肪がつくと、「脂肪肝」といわれて、体の解毒機能が落ちたり、体に必要な成分を作りにくくなったりして、あちこちに不具合が出てきます。

肝臓が悪くなると老廃物や毒素の分解が遅れて、老化が進みます。

お酢が肝臓で分解されると脂肪を生み出さないようにする酵素が生まれます。

この酵素には脂肪を燃焼させて減らす効果もあります。

血管を若返らす

お酢の飲むと血圧が下がることが分かっています。これはお酢が分解されるときに出来る酵素が血管を拡げる為と考えられています。

また血管を柔らかくするためには一酸化窒素が必要ですが、これを生み出す酵素も活性化するので、硬くなった血管を若返らすことが出来ます。

消化不良を防ぐ

お肉をたくさん食べる人は消化不良を起こしやすいです。

もともとお肉は消化しにくいもので、消化するにもエネルギーが必要です。

消化待ちのお肉、動物性たんぱく質は腸内の悪玉菌によって分解されて硫化水素やアンモニアなどの体にとって有毒な物質が生み出されます。

有害な物質を分解する肝臓の負担を高めて結果、老化が早まります。

お酢は弱酸性で、悪玉菌は酸性に弱いのです。

悪玉菌の活動を抑え、ビフィブス菌や乳酸菌といった善玉菌が活躍しやすい酸性の環境を腸内に整え、消化不良を防ぎます。

ビタミンC、カルシウムの吸収をよくする

ビタミンCは体内で発生する、若返りの大敵の活性酸素を減らします。

またシミ、ソバカスの原因になるメラミン色素の生成を抑えます。

更年期を過ぎると骨から血液の中にカルシウムが溶け出す量が増えるために、骨粗しょう症になりやすいです。

お酢は料理などに使うとビタミンCやカルシウムを具から溶かし出す力があり、通常の料理方法よりも多く摂取することが出来ます。

おわりに

殺菌効果もあり、減塩効果もあり、コルステロールを下げ、等々まだまだお酢の効能はたくさんあります。

お酢の値段は調味料なので高いものではありません。料理に一工夫して入れてみるだけでも効果はあります。

ただし毎日、少しずつお酢を摂取することが大切です。お酢を飲むことをやめて4週間ほどすると元の状態に戻ることが研究で報告されています。

毎日少しずつ飲物や、料理にお酢をいれて無理なく取り続ければ、手軽で安価なアンチエイジングが出来ますので一度試されてはどうでしょうか。


スポンサードリンク