Pocket

アンチエイジングの為にフィットネスジムへ行って運動されている方も多いかと思います。
トレーニングをされて爽快な汗を流すことはストレスを発散し、自律神経が整えられますので、アンチエイジングにもつながります。

しかし最近の研究では運動することが必ずしもアンチエイジングにならないという結果が出てきています。


スポンサードリンク



 

ノンエクササイズという考え方

最近の医学的運動法の考え方は「ノンエクササイズ」に向いてきています。

これは普段の生活で、必要な運動量を確保できるという考え方です。

車を乗らず、電車とバスを利用し、座席が空いていても座らずに立ったままで移動するだけで1日1万歩以上の効果があるといわれています。

日々の生活では炊事、洗濯、掃除、買い物を毎日行うだけでも相当量のカロリー消費することになります。

運動すると太る?

なぜ運動すると逆に太るのでしょう。それは「運動代謝と基礎代謝」の違いを理解する必要があります。

基礎代謝とは文字通り、人間が生きてゆくために心臓を動かしたり、呼吸をおこなったり、消化器を動かしたり、物を考えたりとじっとしていても必要なエネルギーです。

基礎代謝のエネルギー源は脂肪を燃やすことで得られます。

運動代謝とは体を激しく動かすときに使われるエネルギーで筋肉の中に蓄えられているグリコーゲンという糖類が燃焼することで運動代謝のエネルギーが得られます。

グリコーゲンが運動代謝に使われて燃焼すると、血糖値が下がります。

血糖値が下がると空腹になるのでスポーツなど体を激しく動かした後はたくさん食べてしまうのです。

食べたものはすぐにグリコーゲンの補充に使われるのではなく、すい臓から分泌されたインスリンというホルモンによって脂肪として体に蓄えられます。

その為、運動すると体に脂肪が蓄えられて太るのです。

運動後の食事量を抑えれば、脂肪も減らせるのではと考えることが出来ますが、血糖値が落ちた時の空腹感はかなり強いもので、空腹を我慢し続ける運動方法は長続きしにくいでしょう。

歩くことは太らない運動法

ジョギングや水泳、そのほかの心拍数が上がるスポーツは全て筋肉中のグリコーゲンを消費するので脂肪がつきます。

心拍数が上がらない炊事、洗濯等の家事や通勤、通学、買い物などで極力、車を使わないで歩くことでもカロリーを消費できることは基礎代謝の所で述べました。

特に歩くことはお勧めです。心拍数を上げる事なくカロリーを消費することが出来るのは「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎを歩くことによって使うからです。

じっと座席に長時間座っていると血液が下半身に滞留して「エコノミー症候群」など血が固まる状態になり、最悪、命にかかわる病気が発生してしまいます。

歩くことでふくらはぎの筋肉が収縮します。筋肉が収縮することで、下半身の血液が滞留することなく心臓に送り返されます。

その為、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれているのです。歩くことでふくらはぎでカロリーが消費されます。

ふくらはぎを動かすエネルギーは脂肪から得られるので歩くことは減量につながるのです。

早く歩けばもっと痩せる

体のエネルギー消費の考え方で、安静時に消費されるエネルギーを「1メッツ」といいます。

「1メッツ」のエネルギーで1時間運動するエネルギー量を「1エクササイズ」といいます。

厚生労働省の資料によると1週間に3メッツ以上の運動で23エクササイズの運動量が健康を維持するには必要との報告が出てます。

通常の歩行に使うエネルギーは3メッツですので、23エクササイズ割る3メッツですと一日一時間以上の歩行量が必要な計算になります。

競歩のように意識して早く歩くと5メッツ消費します。そうしますと1日40分程度あるけば、一週間の必要運動量を確保できます。

駅まで10分、電車やバスの中で立って30分、会社まで5分など積み上げてゆくだけで必要な運動量以上のカロリーを消費することができ、基礎代謝量を維持することが出来るのでアンチエイジングが実現できます。

おわりに

歩くことや家事を毎日行うだけで基礎代謝量を維持でき、さらに脂肪の消費の上乗せすることが分かりました。

しかしすぐには脂肪は落ちません。フィットネスジムでもついてしまった脂肪はなかなか落ちません。

女性で特にお腹周りの脂肪を落として、くびれを取り戻したい、といった悩みを持っている方に即効性のある方法を教えます。

お腹をひっこめるのです。冗談ではなく、本当に効果があるのです。

歩いているときなど意識してお腹を引っ込めるだけでもお腹周りの筋肉が鍛えられてくるので、だんだん本物のくびれが手に入ります。

私も試していますが1週間でウエスト周りが3センチ落ちました。ぶよぶよ感が減って硬くなったような気がしてます。

お金がかかる方法ではありません。試してみる価値ありだと思いますがいかがでしょうか。


スポンサードリンク