Pocket

いつまでも若くありたいと思う事は多くの人の願いだと思います。

アンチエイジングという考え方は古くから存在します。またファスティングは体調を維持するのに効果が高いとして注目されています。

いま科学的にアンチエイジングとファスティングの関係が明らかになってきました。

アンチエイジングとファスティングは密接に関係していました。


スポンサードリンク



 

ファスティングとは

ファスティングとは「断食」の事です。食事をしない事で健康を維持するという考え方です。

海外でもアメリカを中心にセレブ達がこぞってファスティングダイエットを取り入れて話題になっています。

ファスティングは全くの断食という方法は少なく、朝、昼を抜く、1日だけ水分以外取らない、1週間だけ炭水化物を一切抜くなど様々な方法があります。

お肉を食べない、炭水化物を取らない、糖類を一切取らない、豆腐でダイエットなどなど、何かを取らないでダイエットする方法が数多くありますが、そのすべてはファスティングの基本的な考え方と効能に重なります。

ファスティングの効果

断食すると体調がよくなると昔から言われていますが、どのような仕組みで体調がよくなるのでしょうか。

毒素排出効果

現代は食べ過ぎの時代と言われています。食べる事で体の中で栄養が分解されて体に取り込まれるときに毒素が生まれます。

アンモニアや硫化水素といった体にとって毒になる物質が次から次に生まれます。

これらの毒素の多くは肝臓で分解されますが、分解が追い付かないと体内を巡ってあちこちに不具合を起こし、細胞の老化を早めます。

ファスティングすることで肝臓が毒素を分解する時間を稼ぐことができます。毒素のもとが生み出される栄養分解、吸収が一時休止されるからです。

ファスティングの毒素排出効果にはもう一つの機能があり、それは脂肪に滞留している毒素も体外に排出される効果です。

ファスティングしている間は体は活動するエネルギーを得るために、体内の脂肪を分解してエネルギーに変えます。

体の中の脂肪には肝臓で分解できず、体内から排出されにくい毒素が溜まっています。

ファスティングの脂肪分解効果によってこれらの毒素が血液中に出てきて腎臓で取り除かれて尿となって出てくるのです。

ダイオキシンが一時話題になりましたが、現代社会ではすべての人の体にごく微量のダイオキシンがあります。

ダイオキシンは非常に強い毒性があり、自然界では分解しにくい物質です。

そのダイオキシンを取り込んでいるのが体の脂肪なのですが、ファスティング期間中に尿に含まれるダイオキシンの数値が非常に高くなったという研究結果が複数報告されています。

活性酸素の老化促進効果を減らす

人間の体は細胞の中のミトコンドリアという組織が栄養を取り込むことで、心臓を動かし、呼吸をし、体を動かして、物を考えられるのです。

全ての細胞の活動エネルギーはミトコンドリアから供給されますが、その際に活性酸素が生まれます。

活性酸素は普通の酸素と違い、細胞に接触すると傷をつけ老化を早めます。

細胞内の遺伝子を傷つけられると癌になる事もあります。

体内には絶えずがん細胞が生まれていますが、免疫機構によって癌細胞が増殖する前に取り除かれているのです。

ファスティングによって免疫機構の働き高まるので、活性酸素による細胞の老化や癌化を抑える効果が高まります。

消化器系の回復

食べ物を消化するという事は体にとって大きな負担となります。

少食だと体調が良い、朝食を抜くと体調が良いなど食べない事で体調を整える健康法は昔からありますが、これは消化器官に負担をかけない事で体調を良くしようという考え方でもあります。

特に動物性たんぱく質を消化するときに大きな負担が消化器系にはかかります。

小腸内には柔毛という非常に細い毛のような器官がびっしりと腸内の表面にあります。

柔毛からブドウ糖やアミノ酸、脂肪酸、グリセリンなどの体に必要な物質を吸収するのです。

暴飲暴食を続けると柔毛も傷み、栄養の吸収が緩慢になり体調が悪くなります。

ファスティングすることで消化器系が修復され休むことができるので、体調がよくなるのです。

若返り遺伝子が動き出す

ファスティングによって飢餓感が生じると若返り遺伝子が動き出すことが科学的に証明されています。1999年にアメリカでその仕組みが見つかりました。

これはサーチュイン遺伝子と呼ばれ、別名長寿遺伝子と呼ばれています。

現在も研究は続けられてますが、DNAと結合して何らかの遺伝的調節を行っていると考えられています。

遺伝的調節によって代謝や加齢に関係していることが分かってきました。

まとめ

アンチエイジングが若さを維持して、少しでも若返りを図ることを目的とするならば、ファスティングはまさにうってつけの手段という事になります。

体の中に溜まり、そのままにしておくと体の老化を促す毒素の排出、肌の老化につながる活性酸素の減少、消化器系を休める事で体全体の活力を取り戻す、そして若返り遺伝子の活動など、ファスティングの効果はすべてアンチエイジングに直結します。

ファスティングは食べない事で体に最初はストレスをかけますので、1日だけ食べないプチ断食のように軽いものから自分の体にあった方法を求めた方がよいでしょう。


スポンサードリンク