肌が若返る意外な食べ物!!今まで捨ててたのに

Pocket

体に良い、に良い、と言われる食べ物は数多くあります。

特に美容を意識する人には興味深いテーマだと思います。

今までは経験則でこの食べ物は肌に良い、この食べ物は髪の毛に効くなどといわれてきました。

最近の研究では食べ物の何の成分が体のどの部分に良いのか、具体的に分かり始めてきました。

結構意外なものが、美容にかなり効き目があることが分かってきました。


スポンサードリンク



 

肌を若返らせるなら

野菜や果物は皮ごと食べる事が肌の若返りにつながります

野菜や果物の皮にはポリフェノールが豊富に含まれている事が分かってきました。

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれている成分で、植物の細胞生成や活性化を助ける働きがあります。

人体の細胞にも有益な効果があることが分かってきたのです。

防菌効果

野菜や果物を皮付きのまま放置しておいてもすぐに腐ることはありません。

皮をむくと時間を置かずに腐り始めます。これは果物に雑菌やカビが付着することで腐食が始まるためです。

野菜や果物の皮には防菌効果があり、周りの雑菌やカビから果物自身を守っているのです。

野菜や果物の皮を食べる事で人間の体も防菌効果が高まります。

ニキビやワキガのような肌のトラブルは肌から分泌される皮脂を栄養としてアクネ菌やワキガ菌が活動するために引き起こされます。

防菌効果が高まるとアクネ菌やワキガ菌の活動を抑えるのでこれらの肌のトラブルを予防することができます。

もちろん皮脂の過剰分泌を抑える為には肉や脂を好む食生活を改めることも大切です。

創傷治癒効果

野菜や果物は鳥などに表面をつつかれて傷ついても数日後には皮は元通りになります。

傷ついたところを修復して雑菌やカビに侵入されないようにするのです。

この効果は人間の荒れた肌を治す効果があります。

紫外線を必要以上に浴びない、肝臓に負担をかけないような食生活を心掛けるなどの心掛けを合わせて行うと、肌を元に戻す効果は一層高まります。

抗酸化作用

野菜や果物の皮をむいたまま放置しておくとすぐに茶色に変化します。

空気に触れる事で果物が酸化して茶色くなるのです。

野菜や果物の皮は酸化を防ぐ力があるのです。

抗酸化作用は肌を若々しく保ちます。肌は絶えず活性酸素によって「酸化」して徐々に肌の張りを失ってきます。

肌の張りを保つコラーゲンが活性酸素によって傷つけられるためです。

活性酸素は体の中から生まれてきますが、紫外線によっても肌の中で生まれます。

人間の体には抗酸化物質があるので活性酸素を中和して無害化する力を持っていますが、食生活、外的要因によって処理しきれない活性酸素が発生すると老化が進みます。

一番影響が出やすいのが肌です。肌の大敵である活性酸素を野菜や果物の皮に含まれているポリフェノールが強力に中和するのです。

紫外線によってメラニン色素が生まれますが、細胞の代謝が遅いと体外に排出されずに肌に残り、シミとなります。

ポリフェノールは細胞の活性化を促進するので代謝を促しシミを防ぎます。

最強の若返りの皮は

様々な野菜や果物の皮にポリフェノールが含まれていますが、その中でもとりわけ強力なポリフェノールを持っているのがゴボウの皮です。

菌やカビがたくさんいる過酷な環境の土の中で育つゴボウの皮には「サポニン」という強力なポリフェノールが含まれています。

サポニンは細菌の細胞を作る細胞膜を溶かしてしまうので、強い殺菌効果があります。

サポニンは腸内に残っている脂も溶かして分解してしまいますので、ダイエット効果も望めます。

脂を多く摂取すると過剰に分泌される皮脂によって肌が脂ぎったり、脂が酸化することで毛穴が黒ずんだりします。

サポニンによって脂が体内で分解されることによって分泌される皮脂が抑えられるので肌の状態が改善され若返ります。

おわりに

普段、野菜や果物を食べるときに皮をむいて食べてましたが、最近の研究ではむしろ皮の方を食べなければ意味が無いとの報告が出ていました。

ただ、皮には農薬や見栄えをよくするワックスが塗られていることがあるとも聞いていますので、何でも皮を食べれば良いというわけではないと思います。

私はその辺のことも考えて無農薬野菜や果物を入手したときには積極的に皮ごと食べようと思っています。

最強のポリフェノール「サポニン」は最近通販でも売られている「ゴボウ茶」を飲むことで摂取出来ます。

ただし、「サポニン」はえぐみ成分でもあるので、慣れないと飲みにくいです。私はいまだに飲み慣れません。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました