Pocket

タバコは体に良くない、老けるよ、と言われても分かっているけどやめられない。

凄く常習性の強いタバコですが、アンチエイジングにこれほど悪いものも珍しいし好品です。老化の為にあるといっても言い過ぎではないほどです。

改めてタバコがいかにアンチエイジングにとって大きな壁となっているか、詳しく調べてみました。


スポンサードリンク



 

タバコの何が体に悪いの?

喫煙はタバコの葉を燃やしてその煙を吸う事でタバコに含まれるニコチンを吸収することが目的です。

噛みタバコもタバコの葉を燃やさないだけでニコチンを体内に取り入れる事には変わりはありません。

ニコチン自体には発がん性は認められておらず、有害性は医学界でもいまだに意見の分かれるところです。

タバコで問題になるのはその煙の成分にあります。タバコの煙の中には約4000種類もの化学物質が含まれています。

4000種類のうち約1000種類は致死性有害化学物質や発がん性物質が含まれている事が分かっています。

本当に老化を早めるのか?

タバコの煙を吸うと活性酸素が発生します。この活性酸素が老化を早める大きな原因となっています。

活性酸素は安定している酸素分子と違い、外側の電子が足りない状態です。

活性酸素は触れたものから電子を奪い安定状態になろうとします。

奪われた方は不安定な状態になり、安定した状態が保てなくなり、崩壊したり別の分子構造になったりします。

この現象が細胞内で起きると遺伝子が傷ついて変異を起こし、癌化することもあります。

少しの喫煙なら大丈夫?

体は内臓を動かしたり、移動したり活動するエネルギーを細胞内のミトコンドリアが栄養を分解することによって得ています。

ミトコンドリアが活動するためのエネルギーを生み出すときに、活性酸素が生まれます。生き物が生きてゆく事と活性酸素が生まれる事は切っても切れない関係です。

活性酸素はビタミンCを始めとした抗酸化物質によって中和されます。

しかし喫煙によって体内で処理しきれない活性酸素が生まれると、大量の細胞が傷つけられ、修復が間に合わなくなり、老化が進みます。

肌の張りを保つコラーゲン組織を作る細胞も活性酸素によって傷つけられると組織の再生するスピードが遅くなります。

肌は外部からの刺激や紫外線などによっても皮膚の内部で活性酸素が作られるので、修復が追い付かなくなり、その結果、肌は張りを失いシワが増えます。

生きてゆくための活動で活性酸素が生まれるのはやむを得ないことですが、体は活性酸素を抑え込むために懸命に中和しています。

体は喫煙を想定して抗酸化物質を作ってはいません。ですから少しの喫煙でも老化が早められると考えるべきでしょう。

喫煙者の「スモーカーズフェイス」

さらに追い打ちをかけるようですが、活性酸素によって傷つけられた血管は傷を修復するために「かさぶた」を作ります。

この「かさぶた」はエラスチンという組織ですが動脈硬化の原因になります。

動脈硬化が進むと血管が詰まり、心臓で血管が詰まれば心筋梗塞と呼ばれ、脳で血管が詰まれば脳梗塞と呼ばれる重大疾患となります。

私たちの体は非常にうまく作られていて、この「かさぶた」を溶かす為に白血球がエラスターゼという溶解酵素を分泌して血液の流れを良くしようとします。

しかしこのエラスターゼは皮肉にも肌の老化を進めてしまうのです。

エラスチンはコラーゲンの弾力を保つ繊維でもあり、動脈硬化を改善するために分泌されたエラスターゼは肌の張りを保つエラスチンも溶かしてしまうのです。

エラスチンを失ったコラーゲンは肌の張りを保つことができなくなり、小ジワが増えるのです。

この状態を「スモーカーズフェイス」と呼びます。

おわりに

タバコの害はたくさんあるのですが、ここではアンチエイジングの中で、見た目の老化について多くの文字数を割きました。

特に顔の肌はシワが増えると見る人からは明らかに老けたと思われます。

肌は喫煙の活性酸素による老化と、活性酸素によって傷つけられた血管が詰まるのを防ぐために分泌される溶解酵素と両方からダメージを受けます。

せっかく、時間と労力をかけてアンチエイジングに努めても、1本のタバコを吸う事でその努力が失われてしまいます。

タバコの害は10年禁煙すればなくなるとも言われています。

アンチエイジングを望むなら、まずはタバコと距離を置きましょう。


スポンサードリンク