少食は若返りへの近道!!食事を減らしてアンチエイジング!!

Pocket

少食」は健康にいいと古くから言われています。

昔から腹八分目は医者いらずなどとも言われてきました。

また最近では肌が良くなるなどのアンチエイジングの効果もある等の報告も聞きます。

何となく経験則で健康に良さそうな響きがある「少食」という言葉。

もし本当に健康に良くて、病気にもかかりにくくなって、アンチエイジングにもうってつけだとしたら。そんないいことばかりが少食にはあるのでしょうか?

実は調べてみると少食すると体の不具合が治り、若返りすら期待できる食事方法だったのです。


スポンサードリンク



 

少食の効果

少食にはどんな効果があるのでしょうか?またデメリットもあるのではないでしょうか?

内臓の負担が減る

少食は消化する食物を少なく摂取するので、通常の食事量に比べて消化器官の負担が少なくなります。

消化するにもエネルギーが必要で、間を置かずに長時間食べ続けると消化器官の負担も大きくなって、消化しきれなくなります。

消化しきれない食物は腸内で悪玉菌によって腐敗し始めます。腐敗するときに体にとって毒になるアンモニアや硫化水素などが発生して内臓に負担をかけます。

少食にすると、消化器官の負担も減り、また食物も完全に消化されるので、体に有害な物質が発生しにくく、内臓の負担も減ります。

体内で発生した毒素は絶えず肝臓で分解されて体外に排出されます。

少食にすると体内の毒素の量も減りますので、肝臓の毒素の処理が追い付き、デトックス効果が高くなります。

肌がきれいになる

肌が荒れる原因は何でしょう。不規則な生活、偏った食事、喫煙、飲酒、ストレス等々、、、。

これらの複数の原因は、肌を荒らし、老化を早める、ある共通したものを生みだします。

それは「活性酸素」というアンチエイジングの大敵です。

活性酸素は体の細胞を傷つける主要な原因です。

白血球は体に細菌や異物が入り込むと自分の中に取り込んで無害化します。

その時に白血球は活性酸素を作り出して細菌や異物を破壊するのです。活性酸素は細菌や異物を破壊力できるほど強力な物質です。細胞などは簡単に傷ついてしまいます。

この活性酸素が肌の張りを保つコラーゲンを傷つけ、肌の回復を遅らせるのです。

体の中にはビタミンCを始めとした抗酸化物質があり、活性酸素を中和します。

食事の量を減らすと活性酸素の発生も減り、抗酸化物質の中和作用が追い付きます。

その結果、肌がみずみずしく保たれるのです。

加齢臭が減る

加齢臭は体から分泌される皮脂が酸化することで生まれます。

若い時には体の代謝が活発なので分泌された皮脂が酸化される前にどんどん体外に排出されます。

年齢を重ねると代謝が落ち、分泌された皮脂の排出も遅くなり、活性酸素や紫外線によって酸化して匂い出すのです。

少食は皮脂の過剰な分泌を減らします。また前述したとおり活性酸素を中和する抗酸化物質が十分に機能するので皮脂の酸化が抑えられ加齢臭が減るのです。

活力がみなぎる

人間の体の中で一番エネルギーを消費するのが消化器官です。様々な分解酵素を分泌して食物を栄養に変えるのですが、分解酵素を作り出すにもエネルギーを多く消費します。

お昼にお腹いっぱいに食べると眠くなるのは、消化器官に血液が多く巡りだす為ですが、これは消化器官にブドウ糖を始めとした消化エネルギーをたくさん運ばなければならないためです。

少食にすると頭が冴える様になるという人が多いのも、消化に使われるエネルギーが減るので、脳に十分なエネルギーが回るためだと考えられます。

アメリカの研究で少食を続けた60代の人たちが持久力テストを繰り返し受けてもらい、その結果20代と同じか、むしろ優れているとのレポートがあります。

この結果も消化器官で浪費されていたエネルギーが減り、運動系に回るようになったからと考えられます。

長寿遺伝子が働きだす

長寿遺伝子または若返り遺伝子と呼ばれているサーチュイン遺伝子が働き出します。

サーチュイン遺伝子は空腹状態になると活性化して、体の中の傷ついた細胞を修復します。

傷ついた細胞は修復されないと死滅し、死滅する細胞が増えると老化が加速します。

傷ついた遺伝子はガン細胞になりやすいのですが、サーチュイン遺伝子が修復して未然に防ぎます。

空腹状態になると、体のさまざまな部分でこのサーチュイン遺伝子が働き出して老化の原因になる傷ついた細胞を修復するので、体が若返るのです。

デメリット

少食を始めると空腹感や脱力感に悩まされることがあります。

私の場合、朝食を抜いて少食を実践しましたが、2日目終わりぐらいには空腹感と力が出ない感覚を覚えました。4日目ぐらいで脱力感は無くなりましたが、空腹は続きました。

でも自分で我慢すれば克服できる程度の感覚です。体に重大な不具合は今のところ出てきていません。

また様々な資料を見ても、低糖症など特殊な条件でない限り、少食にはデメリットは見当たりません。

少食のやり方

朝食を抜くだけでも効果があります。朝食を抜くと力が出なくなるという説もありますが、確かに朝食抜きを始めたころにはそのように感じる事もあるでしょう。

しかし1週間も続けると空腹を感じなくなってきます。

朝食を抜かなくても1日3食の1食1食の量を通常の6割ぐらいに減らせば十分に少食の効果が出てきます。

量を減らす方法は自分に合った、続けられるものを選んだ方が良い結果が得られるでしょう。

おわりに

私も少食を現在継続してます。朝食は毎日、昼食は2日に1度抜いています。

最初は今までの3食の習慣もあり、朝を抜くと昼間までがつらい時もありましたが、1週間ぐらいで慣れてきます。

現在は昼食も全て抜くことにチャレンジしようと思ってます。

続けていると朝の目覚めが良くなりました。そして昼過ぎに眠くなることが無くなりました。

ただ、私の場合はなかなか体重が落ちません。間食をしているわけではないのですが体重の減り方が非常に緩やかなのです。

加齢とともに基礎代謝が落ちているのかな、などと考えていましたが体重が増えないだけでも御の字と考えています。

以前のように3食ガッツリ食べていたら、今頃はメタボ検診で特別指導を受けていた事でしょう。

食べる量を減らすだけで健康になって若返るのでしたら、こんな手頃な方法は無いと最近は考えてます。

ご自分に合った無理のない方法で一度試してみる価値はあると思いますよ。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました