スポーツしないとどうなるの? 長生きします!!

Pocket

スポーツをして気分爽快、ストレス発散!!いい汗かいて今日も元気!!

スポーツをしないと健康に良くないといった考え方は常識に近いものがあります。

私もスポーツをしないと体調が悪くなってきているような感覚を覚えます。

でも最近の研究によるとスポーツしない方が長生きするという研究結果もあります。

スポーツをするのとしないのでは一体どちらが健康に良いのでしょうか?


スポンサードリンク



 

スポーツは体に良くない?

スポーツしている人たちは活発で元気なはずだと私も思っていました。

実際に健康診断などでもスポーツをやっている人の方が結果も良い人が多いです。

ではなぜスポーツをしないと長生きするのでしょう。

ある人の死

今から30年以上前にアメリカ人のジム・フィックスさんという人が突然死しました。

この人は30歳半ばまで体重100kg前後の肥満体でしたが毎日15kmのジョギングで体重を30kg以上減らすことに成功しました。

彼は自身の経験を本として出版して世界にジョギングブームを巻き起こしました。

そして彼はジョギングの神様、ジョギングの教祖などと呼ばれたのです。

しかしそのジョギングの神様が突然死してしまったのです。

その原因は心筋梗塞でした。これを境に一気にジョギングブームは衰退して、その代わりに心臓への負担が少なく、高齢者にもできるということでウォーキングブームが訪れたのでした。

心臓は治らない

心臓は子供の時に細胞分裂が止まり、そのまま大人になっても心臓の細胞は増える事がありません。

心筋梗塞などで心臓の細胞が死んでしまうと心臓を移植するか人工血管に置き換えるか、それも出来ないと死を迎えるしかないのです。

多くの生き物の寿命は心臓にある

驚くべきことに一生のうちで刻まれる心臓の脈拍回数はほとんどの生き物で同じなのです。

ほとんどの生き物は生まれた時から砂時計が落ちるように心臓の鼓動によって寿命を確実に刻まれてゆくことになっているのです。

心臓の一生涯の脈拍数は20億~30億回

ほとんどの生き物の心臓が脈拍する回数は20億~30億回です。

ネズミが短命なのは心臓の鼓動が非常に早いからです。

ゾウが長生きなのは心臓の鼓動がゆっくりなためです。

人間で1分間50回の脈拍の人は20億回だと約76年が寿命という事になります。

30億回だと120歳でギネスの長寿番付もこのあたりの年齢ではないでしょうか。

天から与えられた心臓の脈拍数を大切に使う

フィットネスジムなどの有酸素運動は脈拍を150程度5分間維持といったエクササイズがありますね。

脈拍を150にすると心臓は3倍速く老化してゆくのです。

心拍数が上がるスポーツは寿命を縮めるといえるのです。

アメリカのスポーツ医学者のマフェトンという人が新しい考え方を提唱しています。

これを「マフェトンの公式」という無理のない最大心拍数を算出する方法です。

普段運動をあまりしない人は「170引く自分の年齢」よりも心拍数を挙げないように心がけます。50歳の人でしたら170引く50で120以下に心拍数を抑える事が健康を害さないために効果があるのです。

若いころからスポーツをやっている人は心臓が強くて脈拍がゆっくりしています。そのような人は「180引く自分の年齢」以下が適正な脈拍になります。

おわりに

スポーツマンは健康的で抵抗力もあるから風邪にも病気にもならないだろうから長生きすると私は思っていました。

スポーツをするからと言っていきなり短命だとは考えにくいですし、スポーツをすることによってストレス発散や体の抵抗力が上がることで結果、長生きできると思うのですが、研究者たちの結果はそうではない事を裏付けていました。

非常に複雑な感情が残りますが、なるべく心拍数をあげることなく、スポーツをしてゆきたいと思っています。体を動かさないと何か気持ち悪いのです。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました