消えない足のニオイ、重曹で一発解消!!

Pocket

気温が上がり湿度が高くなるこの季節、足元のニオイが気になり始めてませんか?

靴を脱がなければならない時に、漂う自分の足のニオイに気づき、周りの人にも気づかれてないか、と不安でどうしようもなくなったことはありませんか?

不潔にしているわけではないのに、どうしても消えない足のニオイ

そんな悩みを重曹で一発解消しましょう。


スポンサードリンク



 

足のニオイの元は

蒸れてくると靴の中から漂ってくる何とも言えないあのニオイの元はイソ吉酸という脂肪酸なのです。

イソ吉酸は足の皮膚に住む数多くの雑菌のうち、納豆を作るときに使う納豆菌の仲間の枯草菌が作り出します。

納豆菌の仲間が作り出す物質なので、納豆のようなチーズのような何とも言えないニオイがするのです。

足のニオイを消すためには

足をきれいに洗っても靴を履いてしばらくするとまた臭ってくる。その原因は足の皮膚の角質に枯草菌等の雑菌が付着しているからです。

人間の体に雑菌が入り込むと白血球が雑菌を退治してくれるのですが、角質層には白血球は入ることができません。

そこで重曹を使って足に付着しているニオイを作り出す雑菌を一掃するのです。

洗面器に適温のお湯を入れる

まず洗面器に足を入れても熱くないお湯をいれます。

そこに大さじ3杯ほどの重曹を入れてお湯に溶かします。

重曹の量はもっと多くてもかまいませんが、お湯100gに対して重曹10g程度しか溶けないので残りは沈殿します。

重曹を溶かしたお湯に足をつける

10~15分程度、重曹を溶かしたお湯に足をつけておきます。

この間、重曹はお湯に溶けて水酸化ナトリウムとなって角質層をわずかながら溶かしています。

お湯に溶けた重曹はアルカリ性があり、アルカリはたんぱく質を溶かすのです。

角質の表面のたんぱく質をごくわずかに溶かすときに、角質の表面にしつこく付着している雑菌も溶かしてしまうのです。

足をよく水で洗い重曹を洗い落とす

つけおわった足はよく水かお湯を流して洗い、重曹(水酸化ナトリウム)を洗い流します。

よく洗い流しておかないと、足の肌アレの原因になります。

重曹の溶けたお湯はそのまま流しても浴室を傷める事はありません。

むしろ排水口のトラップ内のヌメリ(雑菌の巣)も溶かしてくれるでしょう。

ニオイの元を断つ

せっかく重曹で足の裏にしつこく住み着く雑菌を一掃しても、靴の中にはまだ雑菌が住んでいます。

雑菌を一掃しないとまた足に付着してニオイ出します。

雑菌のエサは足の裏から出る汗です。汗の中の皮脂成分を分解して栄養にしているのです。

汗自体はニオイはありません。雑菌が汗をエサにして匂いを作り出しているのです。

足裏の汗を靴にしみこませない

綿やウール製の靴下を履くなどして、汗を靴に吸着させないようにしましょう。

一度履いた靴やブーツは連続して履かないで、間を開けてよく乾燥させてから履きましょう。湿気が残っていると雑菌の活動は活発になり臭い続けます。

靴やブーツの中に重曹水をスプレーする

一度臭い始めた靴やブーツには雑菌が住み着いています。

殺菌スプレーを靴の中にスプレーするのも良いですが、体に優しい成分が安心です。

そこで再び重曹を水に溶かしてスプレーしてみましょう。

重曹に溶けた水が細菌の体を溶かして死滅させてくれます。

臭い始めたと思ったら繰り返しスプレーして雑菌を一掃しましょう。

革靴や皮のブーツの表面に重曹水をついたまま長い時間放置しておくと風合いが変わったり、光沢を失う事があります。

重曹の水酸化ナトリウムが皮のたんぱく質を分解してしまうからです。

おわりに

人前で靴を脱ぐ機会にドキドキすることはこれでなくなると思います。

重曹は体に毒性のあるものではないので、蒸れる季節になったら繰り返し足を重曹水で洗うと雑菌は消えてなくなります。

同じ菌類でも水虫菌は角質層の深いところまで根を張っているので、重曹水で一時的に症状が治まっても残念ながら再発することが多いです。

重曹は1kg300円程度で売られている手軽な消臭剤であり、殺菌剤です。しかも体に優しいので、足のニオイに悩まれている方は是非一度試してみてください。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました