6月は水虫対策開始月間

Pocket

さわやかな5月が終わると湿気が多くなり始める6月です。

冬の間、鳴りを潜めていた水虫が活動を再開し始めます。

夏場をさわやかに過ごすために、6月から水虫対策を徹底しましょう。


スポンサードリンク



 

水虫はカビと同じ

水虫とはカビの仲間です。白癬菌というカビの仲間が引き起こします。

ですのでカビと同様に適度な湿気と温度があると増えます。

人間の体には免疫機構が備わっているのですが皮膚の表面にある角質に住み着く白癬菌には無力です。

免疫機構の主役である白血球が角質層まで到達できないので白癬菌を退治できないからです。

その為、水虫は自然治癒が難しい病気の一つになっています。

水虫にならないためには

水虫にならないためにはなるべく足を乾燥させることです。

普段はいている靴やブーツを乾燥させる

水虫になる人は長時間革靴やブーツなどの通気性の悪い靴を履き続けている人が多く、靴の中では体温と汗で高温多湿な白癬菌にとって増殖するには最高の環境となっているためです。

毎日同じ靴を履かずに、中1日ほどおいて靴の中の湿気を十分に乾燥させるとよいでしょう。

10円玉で殺菌

靴を休ませている間に、靴の中に10円玉等の銅製のものを入れておけば白癬菌や雑菌を死滅させるので一層効果的です。

排水溝の網などを銅製にするとぬめりがつかないのは銅の殺菌効果によって雑菌が死滅するためです。

銅の殺菌効果によって雑菌が死滅するので靴の中のにおいもなくなります。

水虫になっている人は

空気が乾燥している季節には静かにしていた水虫が気温と湿気によって活発になります。

市販薬もたくさん発売されていますが、使用方法を間違えると毎年水虫を繰り返すことになります。

治療薬は広範囲に塗る

食べ物の一部にカビが発生して、もったいないからカビが生えている部分を取り除いて食べたら大当たりしたことはありませんか?

カビは眼に見えている部分だけでなく広範囲に菌糸を張り巡らせています。

大丈夫と思ったら目に見えない菌糸を食べてしまいお腹を壊すことになります。

水虫もカビの仲間です。目に見えている部分の周囲にも根を張っています。

患部だけでなく薬の説明書や医師の説明通り、広範囲に塗布しなければ見える部分が一時的に治っても、再発することになります。

家族に移さないように

水虫は比較的感染力が強い菌なので、家族に移さないように洗面更衣室の足ふきマットなどは共有しないようにしましょう。

目に見えない皮膚が新陳代謝で落ちる時、水虫も一緒に落ちます。室内をこまめに掃除するようにしましょう。

プールやゴルフ場の浴場に行ったら家に戻ったら足を良く洗いましょう。よその水虫を持ち帰って家族に移さないために。

おわりに

水虫が治りにくいのは治療薬を途中でやめてしまうので再発するケースがほとんどだと言われます。

意図して途中でやめてしまうのではなく、水虫になった人が薬が効いたと思い、やめてしまうからです。

水虫にかかったら皮膚科で見てもらい、自分で市販薬を使って治す場合も、治ったと思ったら皮膚科を訪れて白癬菌の検査を受けましょう。

白癬菌が完全に死滅していると医師が診断してくれて初めて水虫が完治したといえるのです。


スポンサードリンク



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました