Pocket

老化は止められないものです。しかし老化の進み方は人によってまちまちです。

人によって老化の進み方が違うという事は、老化を遅らせる方法は何かあるはずです。

そんな考えから生まれたのが現在のアンチエイジングです。

アンチエイジングの効果をうたう美容グッズやサプリメントは様々なものが発売されていますが、なかなか高価なものが多くて手が出せないものもあります。

もう少し手頃で気軽にたくさん使えるアンチエイジングのアイテムがあればいいのに、と思ったことはありませんか。

実は重曹はアンチエイジングに役立つアイテムだったのです。

100円で始められる若返りにチャレンジしてみませんか?


スポンサードリンク



 

100円から始められるアンチエイジング

重曹はベーキングパウダーとも呼ばれています。パンに入れて焼くと発泡してふっくらと焼けます。

値段も安く、100均で料理用100g100円で買えてしまいます。

料理用でなければ1kg300円から買えてしまう、非常にコストパフォーマンスが高いアイテムだったのです。

では重曹をアンチエイジングでどのように使うのでしょう。

加齢臭を抑える

年齢を重ねると加齢臭が臭う事があります。

特に40代以降の男性に多く見られる老化現象ですが、閉経後の女性や食生活や生活環境によって女性にも加齢臭は出てくることがあります。

加齢臭の原因は主にノネナールという分泌物ですが、男性ホルモンの作用で皮脂が多く分泌されて酸化しても加齢臭は匂うのです。

女性でも肉をたくさん食べる、ストレスの強い生活環境にいる、閉経したなどの原因で男性ホルモンが多く分泌されることがありますので加齢臭が匂う事が多々あります。。

重曹は加齢臭のもとになる老廃物の皮脂を分解します。

お風呂に重曹をひとつかみ入れてお湯に溶かします。そしてゆっくりとお湯につかります。

水酸化ナトリウムはたんぱく質を分解するので、加齢臭のもとになる酸化した皮脂を溶かして体から離れやすくしてくれるのです。

ストレス解消

入浴剤の多くは重曹に香料や顔料を入れて作られています。

重曹だけお湯に入れますと無色無臭の入浴剤を入れたことと同じ効果が得られます。

血行が良くなり、リラックスする事でストレスを和らげ体臭のもとになる皮脂の過剰な分泌を抑える効果が期待できます。

美肌効果

重曹は水に溶けると水酸化ナトリウムとなり、アルカリ性の液体になります。

水酸化ナトリウムはたんぱく質を分解します。

泡立てた石鹸に重曹を少し混ぜて洗顔すると小鼻の黒ずみや古くなった肌の表面を水酸化ナトリウムのピーリング効果で奇麗にしてくれます。

お風呂から上がればピーリング効果も加わって、角質化したひじやかかとを柔らかくし、肌がつるつるになります。

おわりに

100円で100gの重曹だとお風呂4,5回分でしょうか。

もっとコストパフォーマンスを追いかけるなら、5kg、10kg入りの重曹を買うと1回あたりのアンチエイジング風呂のコストが限りなく安くなります。

もし追い炊き機能付きのお風呂に入っている方が、重曹の溶けたお湯がお風呂の釜を傷める事を心配されているなら、心配無用です。

むしろ、お風呂の釜の中にこびりついている皮脂や垢を溶かします。

釜の中がすっかりきれいになるとまでは言いませんが、腐食して壊れるようなことはありませんので、安心して重曹をお使いください。


スポンサードリンク