水虫対策はかかり始めが肝心!!再発を繰り返さない心得とは

Pocket

湿度が高くなると足元が騒ぎ出しませんか?

日本人の約2割が悩まされていると言われている「水虫」の季節がやってきました。

日本人は靴を脱いで生活する文化が根付いているので公衆浴場やプールなどの脱衣所で水虫を移された水虫を家庭で他の家族に感染させてしまうケースも見受けられます。

水虫にかからないように、水虫を移さないように、そして水虫は早めに治せば完治できます。

水虫対策はかかってしまった後の迅速な行動が肝心です。


スポンサードリンク

水虫にかからないようにするには

水虫は足の裏の皮の中に住みます。「角質」という厚い皮です。

角質は「ケラチン」という髪の毛の素でもあるたんぱく質からできています。

適度な湿度と温度がある場所で水虫が付着してる角質が剥がれ落ちると、水虫はすぐに死なずに1年も生き続ける、という研究結果もあります。

不特定多数の人が裸足になるプールや浴場、お座敷など靴を脱ぐ場所で水虫に感染する可能性が高くなります。

このような場所に行って、水虫をもらってきてしまっても(本人は自覚が無いと思いますが)水虫の菌である白癬菌が皮膚に潜り込むまでに12時間かかります。

その間に足を良く洗って白癬菌を洗い流してしまえば水虫に感染はしません。

いつどこで白癬菌をもらってくるか、分からないので、毎日帰ったら足を石鹸でよく洗う事が水虫予防になります。

その際に足の指と指の間を良く洗う事も忘れないでください。

あまり強くごしごし洗うと皮膚を傷つけて白癬菌の感染を招き、逆効果になりますので優しく満遍なく洗う事が大切です。

また既に水虫にかかった方が家族にいる場合は、角質をばらまいている可能性がありますので、拭き掃除や掃除機でよく掃除をして室内の白癬菌を減らしましょう。

白癬菌は乾燥に弱いので、部屋に湿気がこもらないように空気を入れ替える事も有効です。

水虫にかかってしまったら

初期の水虫は白癬菌による水虫なのかただの湿疹なのか素人目には分かりません。

皮膚科に行って診断を受けましょう。水虫と診断されたら、処方された薬を指定された期間、しっかりと塗りましょう。

その際に、水虫の部分だけを塗るのではなく、足の裏全体に塗りましょう。

水虫の白癬菌はカビの仲間です。カビは菌糸というものでできています。

カビの菌糸は眼に見えないほど細い糸です。カビは周辺に菌糸を張り巡らせます。

ですので、水虫の症状が出ている周辺では角質の中に白癬菌の菌糸がもぐっている可能性が高いのです。

医師からも薬の塗り方については同様の説明を受けると思いますが、水虫に関係ないと思われる場所にも広く塗っておくことが水虫を完治するには必要です。

水虫がすっかり治ったと思っても、医師から処方された薬の塗る期間より短かった場合、指定された期間、しっかりと薬を塗り続けましょう。

表面的には治ったように見えても、角質の中にまだ白癬菌が生き残っている可能性があります。

指定された期間が終えたら、医師に白癬菌が残っていないか、検査してもらう事が非常に大切です。

ここを怠ると水虫が再発して同じ治療を繰り返すことになります。

水虫を放置すると

足の裏から爪にまで感染します。足の裏の皮も爪も同じケラチンというたんぱく質でできています。ケラチンを栄養とする白癬菌にとっては爪も住処になります。

爪に感染すると足の裏と違って塗り薬が効きにくくなります。足の裏よりも爪の方が薬が浸透しにくい為です。

爪の水虫の場合、飲み薬で治療することがあります。但し、この飲み薬は体調によって処方できる人と出来ない人がいます。

医師は処方する前に薬を処方できるか必ず検査を行います。

3~6か月ほど薬を飲み続けることになりますが治療効果は高いです。

おわりに

水虫は治りにくいと言われていますが、医師に言わせると素人判断で治療を中断してしまうことが水虫の慢性化の大きな原因だそうです。

医師の指示通り、薬を塗り続ければ再発の可能性は低くなります。

市販薬も同様で、決められた薬を塗る期間を面倒くさがらずにしっかり塗り続ければ治る可能性は格段に高くなります。

水虫を治すには再発して慢性化する前にかかり初めの治療が肝心なのです。

参考:爪水虫の薬の副作用が怖い?!飲み薬には副作用があるの?


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました