Pocket

毎年9月の第三月曜日は「敬老の日」になります。

読んで字のごとく老人を敬う日で国民の祝日に制定されています。

人生の大先輩でこの世の中を作り上げてくれた方々を感謝の念を込めて敬う日です。

既に「老人」になられている方もこれからなられる方も、いずれは全員敬老の日にお祝いされるのです。

では一体何歳から老人の仲間入りになるのでしょうか?


スポンサードリンク

敬老の日の由来は?

敬老の日の意外に歴史は浅くて今から約70年前に兵庫県の野間谷村というところで村長が「老人の知恵を借りて村づくりをしてゆこう」という趣旨で1947年9月15日に「敬老会」を発足させたのが敬老の日の始まりと言われています。

なぜ9月15日にしたのかというと、田植えも終わって刈り取りまでの農閑期であったことが理由に挙げられています。

また天正天皇が 西暦717年に滝を訪れて「養老の滝」と命名しその年に元号を「養老」と改元し、全国の高齢者に贈り物を送ったとされるエピソードも参考にしているとのこと。

老人の後ろ姿
老人の後ろ姿

ほかにも聖徳太子が西暦593年9月15日に仏教の思想に基づいて身寄りのない老人や貧しい人や孤児たちを養う「悲田院」を作ったことに由来するという説もあります。

日本国としては1966年に国民の祝日を制定する際に9月15日を「敬老の日」として祝日として、9月15日から9月21日までを「老人週間」としました。

現在の老人の日は2003年よりハッピーマンデー制度が実施されて日曜日とくっつけることになりました。

その為2003年より9月第3月曜日が敬老の日となって日曜日と連休になっています。

他の国にも敬老の日と同じような記念日があり、アメリカでは1978年から9月の第一月曜日が「祖父母の日」となっています。

中国にも旧暦の9月9日が「高齢者の日」と指定されています。

何歳から老人になるの?

人間は本人の考え方次第で何歳になっても「老人」にはならないと思います。

でも敬老の日の対象とされる老人は本人のやる気とは別に風習によってきめられています。

数え年(生まれた瞬間で1歳と数える)で61歳(現在の年の数え方で満60歳)で「赤いチャンチャンコを着る」と言いますが、満60歳で敬老の日の対象とされていました。

現在では厚生労働省より法律で定められていて65歳から74歳までを「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」として医療制度や保険制度等の使い分けをしています。

世界的にも国際保健機関(WHO)では65歳以上を高齢者と定めています。

しかし日本の場合は今後は70歳以上からを高齢者と規定する可能性もありえます。

敬老の日が制定された約70年前の65歳と比べて今の65歳の人たちは現役世代そのもので元気も元気です。

また働ける限り、体を動かした方が病気にかからずに健康的に過ごせる可能性が高いことが統計的に分かってきています。

おわりに

2,30年前だと「老人」はいわゆる老人で弱い方たちという考えが普通でした。

しかし現在の日本の人口構成は27.3%が65歳を超えてきています。

日本の人口の四分の一以上が既に「高齢者」なのです。

世界でも例を見ない人口構成だそうです。

今後は65歳以上の人たちも従来の「老人」とはならず、生産にも消費にも主役となってゆく可能性が高いのです。

既に日本の企業の定年はだんだんと65歳に変化してきており、中には定年を廃止した会社もあります。

世界全体も少子高齢化が進みつつあり、高齢者が経済活動を担ってゆく方向になりつつありますので、今後は本来の「敬老の日」という考え方が薄れてゆくかもしれませんね。


スポンサードリンク