日焼けで顔が痛い! 緊急対処でシミ、そばかすを防ぐ!!

Pocket

紫外線が強くなる季節になると日焼けが気になります。

程よく日に焼けていると健康的に見え、季節に似合った感じがしますが、やりすぎると大事になります。

肌の中でも特には日に焼き過ぎると痛みで苦しむことになります。

日焼けの痛みが治まってもアフターケアをほおっておくとシミ、ソバカスが出てきて、悪くすると将来のシワやたるみの原因になります。

どんな日焼けの緊急対処とアフターケアが適切なんでしょうか。


スポンサードリンク

日焼けしすぎた時は

日焼けはやけどと同じです。

日焼けには2種類あり、「サンターン」と「サンバーン」があります。

サンターンは紫外線が肌を黒くするメラニン細胞という細胞の一種を刺激して「日焼け」を起こします。

肌が日に焼けて黒くなるという事はメラニン細胞からメラニン色素という肌を黒くする成分がでるという事です。

問題はサンバーンです。

サンバーンは太陽光によるやけどです。

まずはすぐに冷やす必要があります。濡れて冷えたタオルで顔を冷やしてやりましょう。

顔のほてりが取れて冷たく感じるまでしつこいくらい冷やしてあげましょう。

冷やすのをやめて、しばらくしてほてりを感じるようでしたら再び冷やしてあげましょう。

徹底的に冷やすと日焼けの痛みも和らいできますし、アフターケアの効果も大きくなります。

アフターケア

徹底的に冷やして炎症を抑え込んだら、今度は乾燥を防ぎましょう。

やけどをした場所は肌の機能が回復していないので水分を保つことが出来ません。

日焼けも同じで、水分が肌から逃げ出しますので、保湿クリームなどで肌が乾燥しないようにしてあげます。

同時に体の中の水分も足りなくなっているのでスポーツ飲料やイオン水など体に水分が吸収されやすい飲み物で水分を補給してあげましょう。

ビタミンC入りの飲物だとアフターケアの効果が高まりますのでお勧めです。

ビタミンCは肌の再生やメラニン色素の排出、炎症を抑えるなどいろいろな機能を持っています。

ただ人間の体の中で作ることが出来ないビタミンなので外から補給してやる必要があるのです。

紫外線で痛めつけられた肌はコラーゲンという張りを保つたんぱく質が傷ついています。

コラーゲンが減ってゆくと肌の張りを保てなくなるのでだんだんと小じわやたるみが出てきます。

ひと夏で小じわやたるみが出てくるわけではありません。

何年もかけてゆっくりと、しかし確実に小じわやたるみが増えて元に戻る事はありません。

しかし、ビタミンCをしっかりととると傷ついたコラーゲンの修復を助けてくれるのです。

組織の回復にはビタミンCのほかにも亜鉛やミネラルが必要ですが、偏食ない食生活を送れば体に取り入れる事は出来ます。

ビタミンCは体から素早く出ていってしまうので、意識して取り続ける必要があるのです。

厚生労働省は1日に摂取するビタミンCは1000mg(1グラム)までと方針を出しています。

ただ、ビタミンCは1000mg飲んでも2,3時間で尿からでてしまうのです。

効果的なビタミンCの飲み方は200mgぐらいの錠剤があるので1日に朝、10時、昼、3時、夜と5回に分けて飲むとビタミンCの濃度が均一になってよいでしょう。

日焼けがシミやそばかすにならず、数年してから小じわやたるみが発生しないようにするにはビタミンCを飲み続ける必要があります。

ビタミンCはアンチエイジングにも効果が高いビタミンですので、日焼けのアフターケアだけと思わず、継続することをお勧めします。

正しい日焼けの仕方

顔が痛くなるのはいきなり日に肌をさらしたからです。

数日かけてだんだんと日に焼いていくとやけどせずにきれいに焼くことが出来ます。

初日は日焼け止めクリームをまんべんなく塗って3時間以上太陽に肌をさらさないようにしましょう。

肌のメラニン細胞が反応してメラニン色素を出し始めています。

二日目も同様に日焼け止めクリームです。メラニン色素が大分肌に沈着してきています。

三日目で肌が少し焼けた色になったあたりで日焼けオイルに切り替えます。

メラニン色素には紫外線から肌の細胞を守る役割があります。

ですのでメラニン色素がまだない時に思いっきり肌を焼いてしまうとやけどになってしまうのです。

おわりに

日に焼けた肌は健康的なイメージがありますね。

でもアンチエイジング的には日焼けはマイナス要因なんです。

ただし、人それぞれ考え方がありますので、日焼けがダメとは思いません。

ただし、ゆっくり焼いても、水分補給と保湿は必要なので、しっかりアフターケアしてきれいに日焼けしましょう。


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました