Pocket

食べ合わせによってそれぞれの食品が持つ老化防止効果が高める事があります。

普段の食べているものもちょっと意識して組み合わせを変えたり、もう1品増やすだけで高いアンチエイジング効果が得られるなら試してみる価値があると思います。

今回はサケ弁当とチーズの食べ合わせです。


スポンサードリンク

サケ弁当とチーズ

ちょっと変わった組み合わせです。お昼をコンビニやお弁当屋さんで買うなら一度サケ弁当とチーズの組み合わせを試してみてください。

チーズはお弁当屋さんで売っている事は珍しいので、一度に買うならば、コンビニの方が手間がかからないかもしれません。

サケ弁当は主役の鮭がアンチエイジング効果を持っています。

チーズはカルシウムが豊富で骨を丈夫にして健康を支えます。

この二つの食品がどのようにして相乗効果を発揮するのでしょう。

鮭のアンチエイジング効果

鮭は「核酸」という私たちの命の源の栄養となるものを豊富に持っています。

核酸は私たちの細胞の中心にもある生命の根源です。

私たちの体は絶えず細胞が分裂して、死にゆく細胞と入れ替わって維持されています。

新しい細胞が出来るときに栄養が必要です。その栄養に適しているのが食べて体に取り込んだ食物の「核酸」です。

核酸が豊富だと細胞の新陳代謝がスムーズになり、老化が遅くなります。

核酸が不足していると、死にゆく細胞と新しい細胞のバランスが悪くなり老化が促進されます。

参考:老化は「核酸」を摂取すると遅らせることができる!その8つの方法とは

鮭はビタミンDというものも多く含んでいます。

ビタミンDは細胞が分裂して増えてゆく時に必要とされます。また風邪や病気を防ぐ体の免疫システムにも深く関係しています。

このビタミンDがチーズとの相乗効果を高める役割を演じます。

チーズのアンチエイジング効果

チーズには三大栄養素の一つ、脂質が豊富に含まれています。チーズの脂質は非常に小さいので燃焼しやすいタイプですからお肉に含まれている脂質よりも太りにくいと言えます。

またチーズはビタミンB2というものを含んでおり、このビタミンは脂肪の燃焼を助けます。

さらに、チーズは牛乳の5~10倍以上のカルシウムが含まれています。

カルシウムは便や尿から毎日少しずつ流れ出ていってしまいます。その為、食べ物で失ったカルシウムを補充しなければなりません。

カルシウムが不足すると、骨が弱くなり、ひどい場合は骨粗しょう症という骨がスカスカで骨折しやすい病気になります。

カルシウムを効率的に体内に取り込むにはビタミンDが必要になります。

おわりに

カルシウムを効率的に体に取り込むために鮭のビタミンDが効果的に働き、チーズのビタミンB2が脂肪の燃焼を助けて、鮭の核酸が細胞の栄養となり老化を遅らせるのです。

チーズとサケのお互いの相乗効果で思わぬアンチエイジング効果が期待できるのです。

手早くコンビニの鮭弁当で昼食を手軽に済ますときも、100円ちょっとのプロセスチーズを一緒に買って食べるだけで、理にかなったアンチエイジングフードの完成です。


スポンサードリンク