Pocket

最近、糖質制限ダイエットが注目を浴びるようになってきました。

過去から現在に至るまでダイエット法は様々なものが登場し、流行り続ける物もあれば、いつの間にか消えてゆくものもあります。

医学界では糖質の研究が進んできており、その結果、糖質制限ダイエットは体重を減らすだけでなく美容にも効果があることが分かってきました。

しかし、糖質制限ダイエットは賛否両論のダイエット法でもあります。

危険なダイエット法だと警告する医師もいます。本当のところはどうなのでしょう。

そして糖質制限ダイエットを成功させる3つのポイントとは?


スポンサードリンク

糖質制限ダイエットの美容効果とは

体の活動エネルギーとなる糖質は、たんぱく質、脂質と合わせて「体の三大栄養素」と言われてきました。

しかし、飽食の時代と言われている現代では糖質が体の中に過剰に溜まって肥満の原因となっています。

糖質は主にごはんやパン、麺類などの炭水化物や果物の果糖に多く含まれているので、それらの食べ物を制限することで体重を落とし、体を引き締める事が糖質制限ダイエットの主な目的です。

糖質を制限すると体重が減るだけでなく、美容にもよい効果が出てきます。

肌の張りがよみがえる

糖質が体の中にいつまでもあると、体温に温められてたんぱく質とくっついてしまいます。糖質とたんぱく質がくっついたものを「AGE」(最終糖化産物)というものになります。

肌の張りを保つコラーゲンというたんぱく質と糖質がくっついてAGEとなってしまうと、肌はコラーゲンを失ってだんだんとしわやたるみが出来ていきます。

糖質制限をすることでコラーゲンのAGE化を遅らせる事が可能になります。

体には修復する能力もありますのでAGE化して傷ついたコラーゲンを成長ホルモンが修復することで肌の張りを取り戻す事が可能になります。

肌がきれいになる

AGEという物質は茶色です。肌の中にAGEがあるとシミやくすみの原因になります。

糖質制限することでAGEが出来るのを抑えると、肌は体の修復機能によってだんだんと元の色に戻ることが可能です。

美容効果をさらに高めるためには、野菜や豆類を積極的に食べる事をお勧めします。

野菜や豆類に含まれているポリフェノールという体のサビを取り除く抗酸化物質が肌の修復のお手伝いをするからです。

糖質制限ダイエットを成功させる3つのポイント

糖質を制限すると、体は脂肪を分解して、筋肉からもアミノ酸を取り出して合成して糖質を作り出します。

たんぱく質や脂質を意識して食べる

筋肉のたんぱく質を分解してアミノ酸を取り出しているので、たんぱく質を補充してやる必要があります。脂質は私たちの体を作る細胞に必要なものです。

糖質制限ダイエット中はこれらの栄養も減らしがちになりますので、逆に意識して普段より多めに食べるようにしましょう。

お肉や脂身に抵抗がある人は大豆製品やゴマ油、えごまなど食べる事をお勧めします。

豆腐や納豆を、お味噌汁を一日1回は食べるようにするだけでもたんぱく質の補充としては効果があります。

お水をたくさん飲む

糖質制限ダイエットではご飯を控えるケースが多いですが、ご飯などの炭水化物には水分が多く含まれています。

今まで炭水化物から摂取していた水分が減りますので、普段より意識してお水を飲みましょう。

塩分摂りすぎに注意

ダイエット中に水分を積極的に取ることをお勧めしました、食事の際に塩分を多くとると、普段よりもむくみやすくなります。

塩分が体内に入り血液の中の塩分濃度が上がると、体は血液の塩分濃度を一定にしようとして水分をとりこみます。

塩分が尿や便と一緒に排泄されて血液の塩分濃度が下がると、あまった水分は細胞と細胞の間の「間質」というところに溜まってむくみます。

おわりに

糖質制限ダイエットは最終的には糖質の代わりに「ケトン体」というものを活動エネルギーとして使う事になります。

この「ケトン体」が糖質から切り替わるときに一時的に体内で濃度が高くなり、それが体臭や口臭となって外に出る事があります。

その時は梅干しや、レモンなどのクエン酸を摂るとよいでしょう。

クエン酸やお酢の酢酸はケトン体の燃焼を助けますので、ケトン臭を減らすことが出来ます。

糖質制限ダイエットの良いところは、炭水化物などの糖質を含まれているもの以外は気兼ねなく食べることができる点です。

食べない事をのストレスを感じる事があまりない、優れたダイエット法だと思います。


スポンサードリンク